Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.7. 4号(6/27発売)

特集:安心なエアラインの選び方

2017年7月 4日号(6/27発売)

Cover Story

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

航空会社 最悪なエアライン、最高のエアライン
■乗客 オーバーブッキングはなぜ起きるのか?
評価 サービス最悪の会社はどこだ
騒動 飛行機の中はトラブルだらけ!
チケット 航空機の「途中下車」はなぜ許されない
改革 管制業務の民営化で犠牲になるものは
歴史 パンナムが切り開いた空の旅の黄金期

王子が語った母の死と英王室

独占取材 悲劇から立ち直ったヘンリー英王子の「自分探しの旅」は続く
【PERISCOPE】
BRITAIN 金融セクターがロンドンから逃げていく
NORTH KOREA 北朝鮮の人権侵害はもう限界
ZIMBABWE 国民を脅して7選を目指すムガベ
EUROPEAN UNION EUをめぐる欧州市民の複雑な本音
SAUDI ARABIA サウジ新皇太子は改革派か強硬派か
FRANCE マクロンはトランプとウマが合う(はず)
JAPAN 中国「パンダ外交」の呪縛
ISRAEL 「テロの月」に変貌した聖なるラマダン
Asia
PAKISTAN パキスタンの新パートナーは中国
CHINA 国歌軽視の若者に中国当局が強硬手段
Business
「NAFTA憎し」のトランプが軟化した理由
AIでマックの株価が上昇中
中国株はこれで国際化?
ウーバーCEOの後任に噂される大物たち
People
監督降板でハン・ソロ映画の運命は、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
インタビュー トランプ時代の新・北朝鮮リスク
イギリス 「普通の町」に潜むテロリストの影
ブランド アップル製スニーカー高騰の謎
食品 コンパクトで楽しいマカロニ新時代へ
【LIFE/STYLE】
Movies この夏もパイレーツどもが大暴れ
Theater 大ヒット社会派ミュージカルの誕生秘話
Health 豆乳やヤギ乳は牛乳ほど背が伸びない?
Books チェルシーが送る少女たちへの「正論」
Science 科学をエンタメに変えるスター学者
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 麻薬取り締まりも白人には優しく
Picture Power 南アフリカに今も残る町の分断

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!