Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.6.27号(6/20発売)

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017年6月27日号(6/20発売)

Cover Story

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

インテリジェンス 米中スパイ戦争は終わらない
日中関係 「日本人スパイ」という名の人質
諜報活動 アメリカを狙う中国スパイの猛攻
台中関係 攻め入る中国に台湾は警戒心なし

ブレグジット大惨事の回避策

イギリス 与党敗北で大混乱、合意なしで交渉期限切れの可能性も
【PERISCOPE】
FRANCE 下院選にもマクロン旋風が
UNITED STATES 捜査拡大とトランプ究極の選択
SYRIA 米シリア空爆で急増する民間人の犠牲
CUBA トランプ、キューバ制裁復活の本気度は
GREECE ギリシャ危機はもはや欧州には過去の問題
AFGHANISTAN 判断を丸投げするトランプの無責任
DEMOCRACY 世界を襲う「大衆の反乱」
BRITAIN ロンドンのタワー火災に「大量殺人」批判
Asia
INDIA インドが中国の「ステルス侵略」に牙をむく日
CHINA AIIB「石炭禁止」中国の抜け穴
SINGAPORE 「お家騒動」が暴くシンガポール独裁
U.S. Affairs
大統領のツイートをCOVFEFE法で公文書に
Business
ウーバーCEO、休職の裏側
マックが人集めに採用したSNSの威力
People
ロッドマン訪朝はトランプのため?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
ヨーロッパ 意外な底力を見せるユーロ圏の経済
北朝鮮問題 ロシアの対北「抜け駆け」を許すな
犯罪 世界最恐と化す北のハッカー
ロシア 大規模デモは反プーチンか
米社会 あのサンダースも上位1%の富裕層に
ビジネス ベンチャーの未来は起業しない起業へ
医療 シャクトリムシが癌検査を変える
【LIFE/STYLE】
Games ゲーセンがVRで華麗に復活
Art 山並みに映える美術館で「ショー」の続きを
Health ほどほどでも飲酒は脳に有害?
Health 週末だけの朝寝坊は不健康のもと
Movies 『ありがとう、トニ・エルドマン』の笑いと洞察
Movies 『ハクソー・リッジ』が描く戦場の非暴力
Music 混沌とした社会を変えるオペラの力
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「進撃の中国式マナー」という恐怖
Picture Power アフリカ難民たちの過酷な1食

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 6

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 7

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!