Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2016.11.15号(11/ 8発売)

特集:世界の命運を決める大統領選

2016年11月15日号(11/ 8発売)

Cover Story

異例ずくめだったアメリカ大統領選がついに投開票へ──。世界の行く末を左右する選挙を制するのはクリントンか、トランプか

米政治 アメリカを壊した大統領選
米社会 大統領選がアメリカに残す禍根
政策 崩壊する共和党の外交神話
予想 「ヒラリー政権」の閣僚大予測
共和党 「トランプ大統領」は独裁者になるのか
回想 マンガと迷言に見る異例の選挙
検証 オバマ外交8年の運用実績
フォトエッセー イメージ戦に彩られた米大統領選の60年
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN ブレグジットに司法が「待った」
LEBANON 大統領決定でもレバノン政治は進まず
CENTRAL AFRICAN REPUBLIC 仏軍が見捨てた中央アフリカ
FRANCE 国民からプーチンより嫌われるオランド
CHINA 中国経済への不信が人民元急落で加速する
BY THE NUMBERS 大気汚染の毒牙が子供の肺を襲う
GERMANY 中国の買収攻勢にドイツが警戒感
Asia
JAPAN 三笠宮殿下が警告した「跋扈する日本人」
News Gallery
UNITED STATES 500万人が歓喜したカブスの栄冠
People
ハロウィーンで最も目立ったセレブは?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
スキャンダル 韓国「大統領叩き」怒りの原点
欧州 東と西のはざまで揺れるEUの絆
ウクライナ 用済み戦士を殺すロシアの陰謀
フィリピン 麻薬戦争で常用者を待つ悲劇
宗教 ハラール論争と中国人のイスラム嫌い
建築 都会の部屋は「狭い」がクール
医療 歯の「自己修復」を促す虫歯の新治療
【LIFE/STYLE】
Music シンプルでちょっと弱気な新生ガガ様
Movies クルーズが空回り『ジャック・リーチャー』
Movies これぞ青春映画! の突き抜けた魅力
Health 「反逆」という名の10代向け栄養改善法
Games 立ちはだかる人種の壁をクリアせよ
Pets 職場へ「同伴出勤」愛犬はいい迷惑?
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国の病院が戦場と化す理由
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中