Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.10.18号(10/12発売)

特集:自動運転 社会はどう変わるか

2016年10月18日号(10/12発売)

Cover Story

渋滞や交通事故が消え、免許証や駐車場は不要に? ライフスタイルを大きく変える自動運転の可能性

◆自動運転 社会はどう変わるか◆
テクノロジー 人類の暮らしを変える自動運転革命
■チャート 近づいてきたクルマ革命の未来
■議論 自動運転車の「安全」をどこまで求めるべき?
予測 「輸送革命」で得するのは都市、それとも郊外?

オバマ「対中制裁」の現実味

北朝鮮 核問題でアメリカは中国の制裁破りを取り締まれるのか
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA 「ホワイト・ヘルメット」を無視するノーベル賞
HUNGARY 国民投票不成立でも強気の首相
REFUGEES 貧しい途上国に難民が押し付けられる
BY THE NUMBERS ドゥテルテの支持率にほくそ笑む国
POLAND 中絶禁止法案を止めた女性たちの怒り
THAILAND 軍政下のタイにはびこる拷問
BRITAIN 「ハードブレグジット」は大間違い?
HAITI 最貧国を襲った大型ハリケーンの傷痕
Asia
NORTH KOREA 北朝鮮核開発に新たなアメとムチを
CHINA 文革の真実を黙殺する「日中友好」の呪縛
Business
シリコンバレー、落伍者2トップの末路
Media
「日本自賛型」報道が世界への視野をゆがませる
People
強盗に遭ったカーダシアンに疑惑と非難噴出、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
日本 解散機運に軽視される国民負担
コロンビア 勝者が譲歩する和平合意
シリア アレッポに甦るチェチェンの悲劇
イラク モスル奪回作戦で再び人道危機に
中国 一人っ子政策の暗がりに生を受けて
米社会 性労働者が悩む顔出しの利益とリスク
権利 「LGBT先進国」タイの仮面に隠された差別
海洋探査 世界の海底マップを作ろう!
ペット おデブなネコを「パズル」が救う
【LIFE/STYLE】
Travel ワイン好きがソノマを訪れるべき理由
Fashion アンティーク編み機が生む最高の靴下
Movies ビル・マーレーが「酒の飲み方」を指南
Movies 味方を守った男の悲劇『ある戦争』
Art 巨匠へリングの「落書き」を守れ
【DEPARTMENTS】
Picture Power 開発の激流がのみ込むモザンビークの未来

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!