Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.10.25号(10/18発売)

特集:ボブ・ディランの真価

2016年10月25日号(10/18発売)

Cover Story

反骨のミュージシャン、ボブ・ディランにノーベル文学賞──。「転がる石」が歩んできた人生とその音楽を振り返る

ノーベル賞 文学の殿堂に迎えられたアメリカの「詩人」
歌詞 本領はショートストーリー
インタビュー すべてを語ったボブ・ディラン
評価 ディランの歌声に秘められた意外な歌唱力

ヒラリーを待つ最後の落とし穴

米大統領選 11月の本選で勝っても「彼」の存在に悩まされることになる
スキャンダル ヒラリーが抱える5つの爆弾
共和党 トランプ王国の落日の輝き
米中関係 中国人はトランプがお好き
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 韓国を悩ます乱暴な中国漁船
TECHNOLOGY サムスン炎上でスマホ競争終焉?
CHINA 加速する中国軍の「30万人リストラ」
GERMANY 難民流入とメルケル発言に因果関係なし
SCOTLAND ハードブレグジットでスコットランド独立?
Asia
JAPAN 北方領土「最終決着」の落とし穴
CHINA 人民元SDR入りとラガルド再任の「関係」
HONG KONG 香港議会は大荒れの幕開け
News Gallery
YEMEN 報復合戦に発展するイエメン内戦の泥沼
U.S. Affairs
ボブ・ディランの歌詞はノーベル賞に値せず
Business
ミレニアル世代の80%がビッグマック経験なし!
「不気味なピエロ」騒動であのドナルドが消えた
People
トランプ妻の大変身と裏目に出た勝負服
【FEATURES & ANALYSIS】
視点 世界に広がる自由貿易反対論の衝撃
タイ 国王死去の悲嘆の裏にある不安
フィリピン ドゥテルテ人気の真実を疑え
反対派 大統領糾弾に身命を賭す反骨の元閣僚
日本社会 男性社会に訪れた女性たちの季節
欧州 ブルガリアは国家でムスリム迫害へ走る?
プログラム デジタル時代の「見えるマラソン」
【LIFE/STYLE】
Books スプリングスティーンが明かした心の闇
Movies 滅びないスター・トレックの理想
Movies ニコラス・ケイジが語った俳優哲学
Technology 買い物の支払いはセルフィーで終了
Food 人間が一度に食べられるパスタの上限は?
Fashion レトロで若者を魅了するハーシェル
【DEPARTMENTS】
Picture Power 女性限定、銃の使い方教えます

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!