Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.11. 1号(10/25発売)

特集:アジアを揺るがす暴君

2016年11月 1日号(10/25発売)

Cover Story

アメリカと決別宣言し、中国に急接近するドゥテルテ大統領。フィリピンの「暴言王」はアジアの地政学をどう変えるか

フィリピン アジアを揺るがす暴君ドゥテルテ
視点 ドゥテルテ訪日で試される安倍外交の価値観
外交 中国海軍旗が南シナ海に翻る日

ISIS後のイラクを待つ脅威

中東 残虐集団なき後の「空白」にうごめく近隣国の思惑とアメリカの指導力
過激派 「最後の1人になっても死ぬまで抵抗せよ」
【PERISCOPE】
InternationaList
EUROPEAN UNION カナダとの貿易協定を葬る「拒否権」
IRAQ モスル奪還でもISISとの戦いは終わらず
NORTH KOREA 北朝鮮の粛清報道は大げさ?
GREECE 忘れられた難民の怒りが爆発
SPAIN スペイン「闘牛禁止」は独立運動の代理戦争
GLOBAL ECONOMY 先進国は今こそ積極財政を
ALBANIA 中国の「一帯一路」は海から空へ
CHINA 共産党の威信を背負う中国の宇宙開発
Asia
SOUTH KOREA 「暴露本」で韓国は政治の季節へ
MALAYSIA 疑惑の首相はネット市民まで弾圧
U.S. Affairs
ト ランプの応援団はウィキリークスとロシア
民主主義まで敵に回したトランプの危険度
Business
2017年が「完全自動運転」元年に?
People
タイ「変人」皇太子はいつ即位するのか、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
地政学 米ロ「新冷戦」の5つの戦場
司法 裁判公開サイトで中国は変わるか
教育 紛争の傷を癒やして学力向上
エネルギー パリ協定を踏みつぶすトランプ
医療 エキゾチックで奥深い治療の世界
ヘルス 抜け毛に悩む人にささやかな希望
【LIFE/STYLE】
Television ウディ・アレン初ドラマの成績表
Movies 『コンカッション』NFL批判の迷走ぶり
Movies デキちゃったブリジットの幸せ探し
Health インフルに勝つ万能ワクチン
Health すぐに拾えばOK? 「5秒ルール」の真実
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国の「教育格差残酷物語」
Picture Power 究極の選択をするアメリカの本音

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!