Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2013.7.30号(7/23発売)

特集:安倍晋三「闘う政治家」の前途

2013年7月30日号(7/23発売)

Cover Story

参院選勝利でねじれ国会を解消し、絶好調の安倍政権──
「過去の失敗に学んだ」首相の真価を探る

日本政治 安倍晋三の虚像と実像

評価 安倍外交、半年間の通信簿

アメリカンドリームはどこへ消えた

社会 機会の平等で成功できるはずのアメリカで格差が固定化している理由
NEWSBEAST
InternationaList
NORTH KOREA パナマに拿捕された謎の北朝鮮船
PAKISTAN マララの国連演説にタリバンの遠ぼえ
SYRIA シリア難民危機はもはやルワンダ並み
BRITAIN イギリス同性婚合法化の奇妙な反対論
PALESTINE ケリーの奮闘で中東和平に希望の光?
GREECE ギリシャ首相が振るう愛のムチ
RUSSIA プーチンが失敗した反政府活動家の口封じ
EUROPE 欧州議会がスノーデンを「喚問」か
ZIMBABWE 妊婦を食い物にする悪徳病院
Asia
BHUTAN 「幸福の国」で有権者の不満噴出
INDIA インド女性の悪夢は終わるか
U.S. Affairs
dd>無罪評決がえぐるアメリカの矛盾
ボストン爆破テロ犯をロックスター扱い?
人口半減デトロイトに財政破綻しか道はなし
Business
ヤフーCEOの1年目はひとまず合格ライン
People
『ハリポタ』作者が極秘出版した新作の出来は
FEATURES
情報操作 監視国家・韓国の闇
情報機関 スノーデンが変えた就職戦線
中国共産党 チベット弾圧は終わるのか
中国社会 同性愛者はもう日陰者じゃない
南アジア 「毒入り給食」とインドの絶望
会社 酒豪の女がはまる落とし穴
環境 帰ってきたジョーズたち
事故 水難事故は静かに起きる
資格 プールは監視体制の質で選べ
CULTURE
Art 刀匠の血を引く金属の魔術師
Movies スヌープ・ドッグ転身の一部始終
Movies J・デルピーが語るフランス人幻想
Movies 楽しくも哀しい男ストリッパー物語
Food ワサビの「前菜アイス」はいかが?

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 3

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「和輪庵」

  • 4

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!