Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2013.8. 6号(7/30発売)

特集:3Dプリンター 無限の夢

2013年8月 6日号(7/30発売)

Cover Story

もの作りから医療まで、あらゆる分野を変える夢の技術は
私たちの生活にどんな未来をもたらすか──

テクノロジー 3Dプリンター革命という未来

実例 まだまだある夢の新製品

競争 3D世界「真の王者」は?

日本 「職人はもう要らない」の勘違い

ジョージ国王を待ち受ける未来

イギリス 生まれたばかりのプリンスが国王になる50年後を大胆予測
NEWSBEAST
InternationaList
SPAIN 爆走列車の運転士はスピード狂?
THE UNITED STATES 
 オバマは中東和平を動かせるか
IRAQ イラクで驚愕のプリズンブレイクが
AUSTRALIA 豪政府が「難民拒否」に転じた理由
THE UNITED NATIONS 女子割礼はなくせるのか
NETHERLANDS 
  北極メタンガスが世界経済を脅かす
BRITAIN 英ネットポルノ規制は看板倒れ
UKRAINE 警官犯罪大国ウクライナ
Asia
CHINA 金ぴかビルの建設禁止で汚職防止?
CHINA 「スター」が突然起訴された本当の理由
U.S. Affairs
オバマは「賃上げ」で経済再生を目指せ
Business
それでもみんなフェイスブックが好き
次期FRB議長はサマーズが本命だって?
景気回復に実感なし、韓国経済のリスク
People
元大統領が丸坊主にしたワケ、ほか
FEATURES
エジプト デモをあおる軍幹部の本音
中国 テロ容疑者が英雄視される理由
防衛 韓国のF_X計画は見果てぬ夢
米政治 楽観主義大統領ブッシュの偉大さ
SNS フェイスブックに友達を売ってない?
CULTURE
Food 「真空マシン」で誰もが3つ星シェフ
Movies N・キッドマンが挑んだ真夏の官能
Movies ロボットと老人は『素敵な相棒』
Movies ジョニデのキャリアも崖っぷち?
Fashion おへそを出して夏を乗り切れ
Games カラフルキャンディの甘い罠

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!