Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2013.8.13号(8/ 6発売)

特集:日本を極める

2013年8月13日号(8/ 6発売)

Cover Story

武士道からサブカル、文学、ラーメンまで
日本文化に心底ほれ込み、道を極めた16人の達人

「道」に導かれてたどりついた茶道の心

「メリハリ」が生む深遠な尺八の調べ

輪島塗に飛び込んだイギリス人女性の23年

HENTAIばかりがアニメじゃない!

囲碁という果てなき宇宙へ

「週5でラーメン食べてます」

剣道の心技を究め武士道の神髄を追う

イラン人作家と異文化の風

木造和船の秘伝を守り抜く職人魂

アニメ主題歌をおしゃれに輝かせて

仏教に失望した末に到達した座禅の理想郷

消えゆく琉球語を守りたい

目からウロコの墨絵をより自由に大胆に

元エリート外交官はうどんで日韓の橋渡し

クリエイティブで奥深い弁当箱ワールドへ

英語で追求する能の道

NEWSBEAST
InternationaList
VATICAN 同性愛には理解を示した法王だが
RUSSIA ロシアに一時亡命スノーデンの就職先は
ZIMBABWE ジンバブエが繰り返す「不正選挙」の闇
EGYPT モルシ派への弾圧が止まらない
RUSSIA ウオツカ不買運動でゲイ差別にNo!
ITALY ベルルスコーニの後継者は娘で決まり!
IRAQ イラクの大量脱獄でアルカイダ復活の悪夢
INDIA インド議会「犯罪汚染」に打つ手なし
BRITAIN 英情報機関がアメリカの下請け?
Asia
CHINA 中国「海警局」発足で尖閣周辺は波高し
SINGAPORE シンガポールが外国人労働者を排斥?
CAMBODIA 
カンボジア総選挙のフン・セン勝利は幻か
U.S. Affairs
バーに銃を持ち込める法律に異議あり!
禁錮1000年は非常識?
Business
クロームキャストでケーブルTVはいらなくなる?
People
スパイク・リー、出資求む、ほか
FEATURES
中東 中東和平の厳しすぎる前途
主張 パレスチナ、埋まらない溝
米欧関係 スノーデン騒動はまだ終わらない
移民問題 黒人閣僚を叩くイタリアの排外主義
ワイン そして中国はボルドーを目指す
麻薬 ウルグアイ大麻合法化の波紋
CULTURE
Movies 夏の映画館は人類の危機だらけ
Movies ボスニアの悲劇に迫る監督アンジー
Food 夏にレモネードが恋しくなる理由
Sport アメリカの男たちよピチピチ水着を着よう
Music バックストリート・ボーイズが語る遊び心

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 9

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!