コラム

体調異常・居眠りを検知 マツダの新技術「コ・パイロット」に期待すること

2021年11月12日(金)19時00分
「MAZDA CO-PILOT」を搭載した車両

筆者が試乗した「MAZDA CO-PILOT」を搭載した車両 写真提供:マツダ

<ドライバーの体調や操作をモニタリングして、異常があれば緊急通報し、ドライバーの代わりに安全な場所まで運転してくれる──事故を減らし、運転寿命の延伸に寄与する技術を、マツダが世界に先駆けて発表した>

11月4日、高齢化社会の自動車の運転を変える大きな発表があった。ドライバーの病気などの体調異常や居眠りを検知し、高速道路のみならず、一般道でも、安全な場所に自動車を退避させる「MAZDA CO-PILOT(マツダ コ・パイロット)」という運転支援技術の発表だ。他社に先駆けたマツダの動きで、高級車クラスのみならず、全車種に標準的に搭載していく考えだ。

スバルが衝突軽減ブレーキ「アイサイト」を世に生み出し、今では軽自動車にも搭載されるようになった。ドライバー異常検知と路肩退避の技術をマツダが先行して普及させ、それに他社が追随するかたちで普及していくのではないかと予測する。事故を減らし、運転寿命の延伸に寄与する新たな安全技術の登場に期待が膨らむ。

kusuda211112_mazda3.jpg

写真提供:マツダ

MAZDA CO-PILOTとは?

MAZDA CO-PILOTは、姿勢の崩れ、視線・頭部の挙動、ハンドル・ペダル操作量からドライバーの体調や操作をモニタリングして、異常があった場合に緊急通報し、ドライバーの代わりに運転をして、安全な場所に連れて行って停車させてくれるというものだ。

コ・パイロットは、副操縦士という意味。ドライバーが自らの意思で運転し、自由に移動する「人間中心の安全技術」の開発を大切にしており、パイロットであるドライバーを支えるよき理解者(パートナー)をつくりたいという思いが込められている。

「MAZDA CO-PILOT 1.0」を2022年から、「MAZDA CO-PILOT 2.0」を2025年から市場投入するロードマップを描いている。

マツダのメディア向け試乗会で、高速道路と一般道におけるドライバー異常の検知、緊急通報、路肩退避まで、スムーズな流れを体験することができた。実用化はすでに可能だと感じる。これからさらに精度を高めていくようだ。

ガイドライン策定で他社と連携

実は自動運転が注目されるようになった2018年頃から、マツダのみならずデンソーや大型車・二輪を含む自動車メーカーと国土交通省は、各社の代表者を集めて、先進安全自動車(ASV)の延長で業界横断的に「ドライバー異常・監視技術の基本設計書(ガイドライン)」について密に議論を進めてきた。

「MAZDA CO-PILOT」の開発担当者でマツダ商品戦略本部主査の栃岡孝宏氏もその一員で、次のように語っている。

「ドライバー異常を検知する技術は国内外を見ても他社には事例がまだない。今回マツダが世界に先駆けて発表することになった。膨大な(脳血管疾患などの)患者のデータを分析し、クルマの運転行動に置き換えていくといったアルゴリズムは独自に開発していく必要がある。この部分がマツダ独自になる」

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

サービス価格まだ低く、金融政策の変更は時期尚早=中

ビジネス

ANA、客室乗務員の採用再開 旅客需要回復対応で5

ビジネス

7─9月GDPギャップは-2.7%、約15兆円の需

ビジネス

VW、来年2月までにEV「トリニティ」新工場の是非

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、戦争どころではない現状

  • 3

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中