コラム

石丸躍進の原動力「やわらかいSNSファンダム」を考える

2024年07月09日(火)09時42分
石丸

投票日前日の街頭演説で大観衆を集めた石丸氏 Yusuke HaradaーNurPhotoーReuters

<東京都知事選は「小池圧勝」より「蓮舫失速」、さらには「石丸躍進」が衝撃を与えた異形の選挙だった。その原動力となったのは「やわらかいファンダム」と言うべき支持層の広がりだ>

7月7日に投開票された東京都知事選は、現職小池百合子知事が約292万票を得て圧勝。2位につけたのは約166万票を獲得した石丸伸二前安芸高田市長、前立憲民主党参議院議員の蓮舫候補は約128万票で3位に終わった。

蓋を開けてみれば、「現職知事で負けた人はいない」という経験則通りの結果だが、「蓮舫候補の失速」と「石丸候補の躍進」は想像を超えていたという声もあがっている。

蓮舫候補は5月27日の出馬表明で「反自民・非小池」をスローガンに「小池都政をリセットする」と啖呵を切ったが、その後6月18日午後の公約発表までの3週間、実質的な政策論争を小池知事に仕掛けることもなく、地上波(ワイドショー)の話題を独占するいわゆる「電波ジャック」の機会を逸した。代わりに注目を集めたのが、支援を表明した共産党によるビラの個別配布だった。無党派層の取り込みという点で、初動段階での広報戦略の失敗は後を引いたと言えよう。

対する小池知事はさすが「狸寝入りの名人」の異名を取るだけあって、6月18日午前の公約発表までのらりくらりと「半身の構え」に徹し、告示後の選挙運動でも蓮舫候補と同じ土俵に立とうとしなかった。街頭演説を八丈島から始める「川上戦術」の定番感から、「AIゆりこ」動画を公開する先端感まで、終始展開したのは「横綱相撲」だった。

とはいえ、もしこの2人だけが主要な候補者ということであったら、やり方次第ではひょっとしたら蓮舫候補は小池知事を倒し、あるいは肉薄していたかもしれない。同時に行われた都議補選で自民党候補は2勝6敗に終わっており、自民党裏金問題に対する強烈な逆風が止んでいる訳ではない。小池陣営が「確認団体方式」のステルス作戦をとったとはいえ、自民党の腐敗批判を小池知事に結びつける広報戦略を取ることは可能だったかもしれない。

例えば蓮舫候補が、中途半端に終わった国政レベルでの政治資金規正法改正よりはるかに厳しい「政治とカネ」に関わる規制を、都政レベルでの「知事提出条例案」として具体的に提示して世論喚起したり、あるいは(その勢いを駆って)政界の「政治とカネ」の事情をつまびらかにしていたりしたら、「腐敗と闘うジャンヌ・ダルク」化を果たして、それこそ拍手喝采となっていたかもしれない。

しかし、そうしたことはなされず、小池知事の出方を伺って逐次追尾するという消極的な広報戦略が取られたように見える。その結果、都知事選で「政治とカネ」問題が中心的争点になったとはいえず、(神宮外苑再開発等の争点があったとはいえ)これはという「誰しもが関心を持つような明確な争点」(あるいはシングルイッシュー)が有権者の間で共有されていたとも言い難い状況で投票日を迎えた。

これに対して、石丸候補の躍進はどう見るべきか。

プロフィール

北島 純

社会構想⼤学院⼤学教授
東京⼤学法学部卒業、九州大学大学院法務学府修了。駐日デンマーク大使館上席戦略担当官を経て、現在、経済社会システム総合研究所(IESS)客員研究主幹及び経営倫理実践研究センター(BERC)主任研究員を兼務。専門は政治過程論、コンプライアンス、情報戦略。最近の論考に「伝統文化の「盗用」と文化デューデリジェンス ―広告をはじめとする表現活動において「文化の盗用」非難が惹起される蓋然性を事前精査する基準定立の試み―」(社会構想研究第4巻1号、2022)等がある。
Twitter: @kitajimajun

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

インドネシア、ゴールデンビザ制度開始 外国人投資家

ワールド

韓国が減税案、株式市場活性化へ相続税引き下げ 少子

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

再送日産、米国不振で今期利益を下方修正 4─6月期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story