コラム

困窮する弱者を「極右」と蔑むだけでは、「西洋の没落」と「次こそルペン」は不可避

2022年04月26日(火)11時21分
マクロン大統領とブリジット夫人

再選を決め、支持者の歓喜に応えるエマニュエル・マクロン大統領とブリジット夫人(筆者撮影)

<フランス大統領選の決選投票ではマクロン大統領が再選を決めたが、ルペンとの差は前回より縮小。6月の国民議会選に向け、対策が急務の状況だ>

[仏北部エナン・ボーモン、パリ発]4月24日に投開票されたフランス大統領選の決選投票は現職エマニュエル・マクロン大統領が58.5%対41.5%で国民連合のマリーヌ・ルペン氏を前回2017年の大統領選に続き退けた。現職の再選は2002年のジャック・シラク氏以来20年ぶり。前回の32ポイント差から17ポイント差まで縮められ、6月のフランス国民議会(下院)選に向け、暗雲が漂う。

仏内務省によると、登録済み有権者4875万2500人のうち棄権は28%の1365万6109人。白票を投じた人は4.6%の222万8044人にものぼった。棄権や白票のうち548万1881票超がルペン氏に投票していたら「ルペン大統領」が誕生していただろう。強硬左派ジャンリュック・メランション氏は国民議会選の投票で自分を首相にするよう呼びかけた。

マクロン批判票が国民議会選でメランション氏に集まれば大統領と首相の党派が異なるマクロン氏にとっては居心地の悪い「コアビタシオン」が20年ぶりに出現するかもしれない。「極右」と呼ばれる国民連合は旧党名の国民戦線を捨てるなど「脱悪魔化」を進め、貧困者救済を前面に押し出す右派ナショナリスト政党へ方針転換を図る。

共和党と社会党の伝統的二大政党が壊滅し、仏政界は完全に中道、強硬右派、強硬左派の3極化した。筆者は決選投票に合わせ5日間にわたりルペン氏やメランション氏が強いフランス北部やパリを訪れた。北部では日本風に言えば「シャッター街」がジワジワと広がり、朽ち果てていく様子を目の当たりにした。背景に不可避的に進む「西洋の没落」がある。

かつて炭鉱業で栄えた北部

決選投票の朝、筆者はかつて炭鉱業で栄えた北部エナン・ボーモンにいた。炭鉱を中心に発展した欧州の工業地帯は脱石炭化とともに没落した。経済的、社会的落ち込みはエナン・ボーモンも、英イングランド北部、ウェールズ、スコットランドも同じ構造だ。イギリスの場合、EU離脱やスコットランド民族党(SNP)台頭の原動力になった。

エナン・ボーモンでは2014年に国民連合の首長が誕生している。ルペン氏が投票所に来るのを多くの支持者が待ち構えた。どこか具合が悪いのが一見して分かる高齢者や、学歴が高くない若者たち。困窮する社会的弱者に「極右」「人種差別主義者」「ファシスト」のレッテルを貼り、仏社会が抱える問題の本質に目をつぶるのが果たして正しいのか。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story