コラム

困窮する弱者を「極右」と蔑むだけでは、「西洋の没落」と「次こそルペン」は不可避

2022年04月26日(火)11時21分
マクロン大統領とブリジット夫人

再選を決め、支持者の歓喜に応えるエマニュエル・マクロン大統領とブリジット夫人(筆者撮影)

<フランス大統領選の決選投票ではマクロン大統領が再選を決めたが、ルペンとの差は前回より縮小。6月の国民議会選に向け、対策が急務の状況だ>

[仏北部エナン・ボーモン、パリ発]4月24日に投開票されたフランス大統領選の決選投票は現職エマニュエル・マクロン大統領が58.5%対41.5%で国民連合のマリーヌ・ルペン氏を前回2017年の大統領選に続き退けた。現職の再選は2002年のジャック・シラク氏以来20年ぶり。前回の32ポイント差から17ポイント差まで縮められ、6月のフランス国民議会(下院)選に向け、暗雲が漂う。

仏内務省によると、登録済み有権者4875万2500人のうち棄権は28%の1365万6109人。白票を投じた人は4.6%の222万8044人にものぼった。棄権や白票のうち548万1881票超がルペン氏に投票していたら「ルペン大統領」が誕生していただろう。強硬左派ジャンリュック・メランション氏は国民議会選の投票で自分を首相にするよう呼びかけた。

マクロン批判票が国民議会選でメランション氏に集まれば大統領と首相の党派が異なるマクロン氏にとっては居心地の悪い「コアビタシオン」が20年ぶりに出現するかもしれない。「極右」と呼ばれる国民連合は旧党名の国民戦線を捨てるなど「脱悪魔化」を進め、貧困者救済を前面に押し出す右派ナショナリスト政党へ方針転換を図る。

共和党と社会党の伝統的二大政党が壊滅し、仏政界は完全に中道、強硬右派、強硬左派の3極化した。筆者は決選投票に合わせ5日間にわたりルペン氏やメランション氏が強いフランス北部やパリを訪れた。北部では日本風に言えば「シャッター街」がジワジワと広がり、朽ち果てていく様子を目の当たりにした。背景に不可避的に進む「西洋の没落」がある。

かつて炭鉱業で栄えた北部

決選投票の朝、筆者はかつて炭鉱業で栄えた北部エナン・ボーモンにいた。炭鉱を中心に発展した欧州の工業地帯は脱石炭化とともに没落した。経済的、社会的落ち込みはエナン・ボーモンも、英イングランド北部、ウェールズ、スコットランドも同じ構造だ。イギリスの場合、EU離脱やスコットランド民族党(SNP)台頭の原動力になった。

エナン・ボーモンでは2014年に国民連合の首長が誕生している。ルペン氏が投票所に来るのを多くの支持者が待ち構えた。どこか具合が悪いのが一見して分かる高齢者や、学歴が高くない若者たち。困窮する社会的弱者に「極右」「人種差別主義者」「ファシスト」のレッテルを貼り、仏社会が抱える問題の本質に目をつぶるのが果たして正しいのか。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 10

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中