コラム

コロナ再流行、ワクチン接種義務化の是非をめぐり暴動が吹き荒れる欧州

2021年11月22日(月)16時13分
ブリュッセルの反ワクチンデモ

警察の放水銃から逃げる反ワクチンのデモ参加者たち(11月21日、ブリュッセル) Twitter/@jordynuyts/REUTERS

<何も対策を取らなければ欧州では3月までにあと50万人が死ぬと言われるが、ワクチン接種もマスク着用も上から押し付けられるほど人々は不信感を抱き、怒り、逃げ道を探す>

[ロンドン発]「隷属より自由を」――ベルギーの首都ブリュッセルで21日、コロナの再流行を抑えるため飲食店でワクチンパスポートの提示が義務化されることに反発した若者ら約4万人が街頭に繰り出した。一部が暴徒化して警官隊と衝突、42人が拘束され、2人が逮捕された。また警官3人が負傷、デモ参加者1人が手に持っていた花火でやけどした。

現地からの報道をまとめると、若者たちはオランダ語圏のフラマン民族主義や「自由のために団結しよう」と訴えた旗を振りかざし「ヤツらは世界中でワクチン接種を展開しても、飢餓は放ったらかしだ」と書かれたプラカードを掲げた。一部の若者が発煙筒や火炎瓶、レンガを投げ始めたため、警官隊は催涙弾や放水で応戦した。

ベルギーでは同日、コロナの新規感染者数が1万3836人に達した。レストランやバーでは入店時にワクチン接種や陰性の検査結果、感染からの回復を証明する「パスポート」を提示しなければならず、店内では着席していない限りマスク着用が義務付けられる。週4日以上は在宅勤務になるなどコロナ対策が強化された。医療従事者の接種義務化の計画もある。

3人に1人が未接種というオーストリアも再流行に苦しめられている。22日から最大20日間の予定でロックダウン(都市封鎖)に入る。来年2月から他国に先駆け接種を義務化する方針だ。同国のアレクサンダー・シャレンベルク首相は「デタラメな反ワクチン派、偽ニュースのため、多くの人が接種しないよう扇動された」と語る。

首都ウィーンでは20日、極右グループを中心に約3万人がデモに参加、新たなコロナ対策や接種義務化に抗議して一部が暴徒化し、警官5人が負傷した。デモ参加者の中には医師をあざ笑うかのように医療用スクラブを着ている人もいれば、ナチスがユダヤ人にバッジを強制的に着けたことから黄色い星のバッジを着ける人もいた。

極右グループはオーストリア国旗を打ち振り「レジスタンス!」と叫んでホイッスルを吹き鳴らし、レストランやクリスマス市、スポーツイベントなどの入場に「パスポート」提示を義務付けることに抗議した。黄色い星に「ワクチン未接種」の文字を縫い付け、ロックダウンや接種義務化をナチスの残虐行為と並べてみせた。

オランダでは警官がデモ隊に向け発砲

オランダのロッテルダムでは19日、ワクチンパスポートを導入する政府のコロナ対策への抗議活動が暴徒化した。石や花火を投げるデモ参加者に向け、警官隊が発砲、3人が被弾して負傷した。パトカーに火が放たれ、警察は51人を逮捕した。約半数が未成年者だったという。抗議活動はオランダ各地に広がり、3日間にわたって続いた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story