コラム

美人補佐官とダブル不倫キスの英保健相が辞任 葬式でも距離守った遺族が激怒

2021年06月28日(月)06時10分
辞任したハンコック英保健相

コロナ対策の責任者でありながら「社会的距離」を守らなかったとして辞任に追い込まれたハンコック英保健相 Henry Nicholls-REUTERS

[ロンドン発]「絶望的な保健相を交代させるのは一つのことに過ぎない。コロナが猛威をふるう冬が再び来る前に、これまでのコロナ対策を検証して、その教訓から学ぶべきだ」――大臣執務室で補佐官と熱い抱擁を交わしていたマット・ハンコック英保健相(42)が引責辞任した。それを受け、死者15万人を超えるイギリスのコロナ遺族の会が26日夜、緊急声明を出した。

コロナ対策を担うハンコック氏が、英オックスフォード大学時代からの友人で補佐官として自らが採用した億万長者のロビイスト、ジーナ・コラダンジェロさん(43)と5月上旬に執務室でキスしている現場をとらえた防犯カメラの写真を英大衆紙サンが25日付1面でスッパ抜いた。超ど級のスクープだ。ハンコック氏は感染予防のため屋内で1~2メートルの距離をとるという政府のガイドラインを破っていたとして謝罪した。

kimuraphoto.jpeg
英大衆紙サンの1面

ボリス・ジョンソン首相は謝罪を受け入れ、プライバシーには立ち入らないとして「問題は解決済み」とハンコック氏を続投させる意向を示していた。不倫スキャンダルでは妻か、不倫相手かのどちらか一方を選べば、お咎めなしというのが英政界の慣例だ。しかし、サン紙は翌26日、ハンコック氏がドアの隙間から廊下に誰もいないことを確認した上、ドアにもたれ掛かってジーナさんと抱き合う様子を録画した動画を公開して追撃し、往生際の悪いハンコック氏に引導を渡した。

辞任書簡でワクチン展開の成功を自画自賛

ハンコック氏は首相宛ての辞任書簡で「正直言って、政府のコロナ対策は多大な自己犠牲を払った人たちによるところが大きい。にもかかわらず自分自身のガイダンス違反で彼らを失望させた」と改めて謝罪する一方で、ワクチン集団接種の成功で世界をリードしたことを自画自賛してみせた。ハンコック氏の後任にはサジド・ジャヴィド前財務相が任命された。

ハンコック氏には妻と子供3人、ジーナさんにも夫と子供3人がいる。ハンコック氏は家族より政治家としてのキャリアを選び、抱擁写真をスクープされる直前、妻の元を去ることを即断した。

ドミニク・カミングズ元首席特別顧問が昨年3月、ロックダウン(都市封鎖)が実施された直後にもかかわらず、コロナ感染が疑われる家族を車に乗せロンドンから、実家のあるイングランド北東部ダラムまで移動したと批判され、与党・保守党の支持率が急落したことがある。移動・行動制限で我慢を強いられる国民は政策決定者のルール違反に厳しい。このため保守党内ではジョンソン首相にハンコック氏を更迭するよう求める声が強まっていた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story