コラム

「合意なき離脱」で英国を空中分解させるジョンソン首相 史上最短命首相の運命か

2019年08月02日(金)16時30分
「合意なき離脱」で英国を空中分解させるジョンソン首相 史上最短命首相の運命か

ジョンソン首相公約の「10月31日にEU離脱」は前途多難(筆者撮影)

[ロンドン発]「合意があろうがなかろうが期限の10月31日には欧州連合(EU)を離脱する」と宣言している英国のボリス・ジョンソン新首相(55)の前途に早くも嵐が吹き荒れている。市民生活と企業活動を大混乱に陥れる「合意なき離脱」に突き進めば、英国は空中分解するのは必至だ。

これまで離脱を巡る発言を猫の目のように変えてきたジョンソン首相の最初の関門は8月1日投開票のブレコン・アンド・ラドノーシャー選挙区(ウェールズ)の補欠選挙。保守党の現職下院議員が議員経費の不正請求で有罪になったのを受け、出直しを目指すこの議員や自由民主党の候補者ら6人が争った。

その結果、EU残留を訴えた自由民主党が2010年の総選挙以来、議席を奪い返した。前回より得票率を14.3%伸ばした。同選挙区は2016年のEU国民投票では51.9%が離脱に票を投じ、残留は48.1%だった。しかし離脱派は保守党、ブレグジット党に二分したのに対し、残留派は自由民主党のもとに結集して共闘したのが勝因だ。

残留派は1つになれるか

一貫してEU残留を主張してきた自由民主党は7月、「ブレグジット(英国のEU離脱)阻止に全力を尽くす」と誓う同党初の女性党首ジョー・スウィンソン氏(39)を選出したばかり。スウィンソン氏は2年間、ビンス・ケーブル前党首の下で副党首を務めた。

緒戦に勝った勢いを彼女がどこまで維持できるか、残留派を1本化できるかが「合意なき離脱」派を阻止するカギとなる。スウィンソン氏は「ボリス・ジョンソンが補選で敗れたことで、合意なき離脱について有権者の政治的な委託がないことが明白になった」と勝利宣言した。

これで下院での与野党の差は、閣外協力している北アイルランドの地域政党・民主統一党(DUP)を加えてもわずか1票。保守党内は「合意なき離脱」派、穏健離脱派、残留派に3分しており、ジョンソン首相が英国史上、最短命の首相になる可能性が膨らんできた。

テリーザ・メイ前首相を立ち往生させた最強硬派28人の1人、マーク・フランソワ保守党下院議員は、最大の争点になっているアイルランドと北アイルランド間のバックストップが取り除かれても離脱協定書には同意しないと言い放った。

バックストップとは英国とEUの将来の通商交渉が決裂した場合、アイルランドとの国境に「目に見える国境」を復活させないために英国全体がEUの関税同盟に、北アイルランドは単一市場の大半に残るという安全策だ。北アイルランドではカトリック系過激派が活動を活発化させており、女性ジャーナリストが流れ弾に当たって死亡している。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

日経平均は強もちあい、高値警戒感から足踏み状態

ワールド

米下院歳入委の民主議員、ブラジルとの通商合意に反対

ワールド

マティス前米国防長官、沈黙破りトランプ氏批判 「国

ワールド

カナダ、空港従業員と搭乗員の大半にマスク着用義務付

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!