コラム

民衆法廷「中国は犯罪国家」と断罪 「良心の囚人」からの強制臓器収奪は今も続いている

2019年06月19日(水)16時15分

約7カ月たっても勾留は続き、それから2~3カ月後、友人は釈放され、インドに帰国した。中国の収容所でHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染し、エイズ(後天性免疫不全症候群)を発症していた。カリミ氏の無実を証明するため、友人はインド当局に申し出て、カリミ氏が偽造に関与したと証言するよう拷問を受けたという宣誓供述ビデオを作成した。

にもかかわらず2005年、カリミ氏は主犯扱いされ、終身刑を言い渡された。インドに送り返された友人の罪を問うことができなくなったからだ。友人の宣誓供述ビデオは無視された。それから4年後、スウェーデンに移送され、最終的にカリミ氏が釈放されたのは2015年になってからだ。

カリミ氏は「中国ではすべての罪状を受け入れなければ、家族との面会も移送も許されない」と振り返る。

カリミ氏が勾留されていた古い収容所の処刑場は1階にあった。処刑時間は通常、午前5時だった。夜の11時や12時になると何人かの囚人が悲鳴を上げ始めた。彼らが処刑されるのはみんな、知っていた。

カリミ氏は床を引きずられていく囚人の苦悶の表情が忘れられない。中でもショックだったのは囚人が別の囚人を引きずっていく役割を負わされていたことだ。7キロはある鎖や手かせ、足かせでつながれた囚人が床の上を引きずられていく。引きずっていく囚人も翌日には処刑される運命だと聞かされた。

病気の囚人だけが生き残る

後に処刑された中国共産党幹部と同房になったことがある。共産党は党員を処刑に立ち会わせた。もし共産党を裏切れば、どんな最期を遂げるのかという見せしめのためだった。恐怖が支配していた。

臓器収奪については囚人仲間が教えてくれた。看守は口にしないものの周知の事実だった。カリミ氏に英語の通訳をしてくれていた台湾人の囚人は「とにかく彼らは犯罪者だ。処刑されたら臓器は必要でなくなる。だから何も問題ないんだ」と説明した。

「処刑された囚人は火葬される。遺族が受け取るのは遺灰だけだ。臓器が取り出されていようがいまいが決して問題にはならない。とにかく囚人は処刑される運命にある。死人に生きている臓器は必要ない。だから収奪して他の人の役に立てているわけさ」

またある時、その囚人がこう言った。「最近、法輪功の24~25人のグループが処刑された。1人だけ処刑を免れた。病気だったからね」。カリミ氏は「どうして」と尋ねた。「もし囚人が病気なら臓器は使えないからだよ」という答えが返ってきた。

公聴会ではカリミ氏のほか、肉体的・精神的な拷問を受け、臓器収奪に備えたとみられる血液検査や内臓のスキャン検査を受けた法輪功の女性学習者や、腎臓や心臓、肺のメディカルチェックを受けたウイグル族の男性も証言した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

米共和党の元安保当局者ら50人超、バイデン氏を支持

ワールド

ロシア、右翼メディア装い米有権者に影響か 大統領選

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

ワールド

ナワリヌイ氏事件は「平和への脅威」、安保理欧州理事

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 4

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!