コラム

「合意なきEU離脱」に突き進む英国 労働党は2回目の国民投票も選択肢に 党内では「内戦」が激化

2018年09月25日(火)14時00分

8月上旬に実施された別のユーガブ1万人調査では「合意なき離脱」となった場合、50%が2回目の国民投票を求めており、議会に任せると答えたのはその半分の25%に過ぎなかった。

2年前のEU国民投票で65%が離脱に投票したイングランド北東部サンダーランド選出のブリジット・フィリップソン下院議員に筆者はこんな疑問をぶつけた。同議員は2回目の国民投票を支持している。

「サンダーランドには日産の工場があるが、合意なき離脱になると日産は英国から出ていくかもしれない。地元の人は日産に搾取されているとでも考えていたのか。彼らの気持ちは変わったのか」

kimura20180925102103.jpg
サンダーランド選出のブリジット・フィリップソン下院議員(筆者撮影)

フィリップソン氏はこう答えた。「サンダーランドの人たちが離脱に投票したのは金融危機のあと、置き去りにされ、子供の貧困が増えるといった苦境にノーと言いたかったからだ。日産の工場は地元の雇用にとってとても重要だ。労働党は2回目の国民投票を通じてEU離脱がもたらす深刻な影響について有権者を説得できる」

「2回目の投票よりソフトブレグジットを」

しかし2年前の国民投票を重視する執行部と、離脱決定そのものをひっくり返したい残留派との対立は続いている。

労働党の元党首ニール・キノック氏を父に持ち、妻はヘレ・トーニング=シュミット前デンマーク首相というスティーブン・キノック下院議員は「2回目の国民投票で危険なまでに広がった英国社会の分断を修復することはできない。状況をさらに悪くするだけだ」と否定的だ。

kimura20180925102104.jpg
2回目の国民投票に否定的なキノック下院議員(筆者撮影)

「総選挙をするにしても、2回目の国民投票をするにしても時間がなさすぎる。最後の最後で労働党が保守党政権と協力する可能性はあるか」という筆者の問いにキノック氏はこう答えた。

「労働党はノルウェーのように欧州経済領域(EEA)に加盟し、EUの関税同盟にも留まる穏健離脱(ソフトブレグジット)を推進すべきだ。EUに拒絶されたテリーザ・メイ首相の現在の離脱案は暗礁に乗り上げた。『合意なき離脱』は政府によっても議会によっても許されるべきではない」

「『敵が過ちを犯している時は放っておけ』というナポレオンのものとされる格言がある。EUとの合意案が議会で否決されれば、総選挙になって労働党が勝つのかもしれないが、党利党略を国益に優先させたと非難される状況に労働党を置くべきではない」「労働党の離脱案がよく分からないというのでは有権者に理解されない。ナポレオンには常にプランがあった」

英国のEU離脱交渉の行方は予測するのが極めて難しくなっている。キングス・カレッジ・ロンドンのアナンド・メノン教授は「本当に無理をして予測しろと言われれば、メイ首相がEUとの修正に応じて合意し、議会で保守党の強硬離脱(ハードブレグジット)派の造反にあいながらも労働党から一部支持を得て通過する可能性はある。しかし、あまりにも不確実性が多すぎる」と深いため息をついた。


プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!