コラム

イタリア「五つ星運動」31歳首相誕生までのシナリオ 最大の障害は民主党のレンツィ元首相だ

2018年03月07日(水)13時00分
イタリア「五つ星運動」31歳首相誕生までのシナリオ 最大の障害は民主党のレンツィ元首相だ

首相になる可能性が出てきた「五つ星運動」のディマイオ党首(3月2日、筆者撮影)

[ローマ発]欧州連合(EU)と単一通貨ユーロに強い疑念を唱えてきた新興の市民政党「五つ星運動」と極右政党「同盟(旧・北部同盟)」が大躍進したイタリア総選挙について、国際問題研究所(iai)のエリオノーラ・ポリ研究員にインタビューした。

市民政党を阻む障害

ポリ氏の解説によると、上下両院で第1党になった「五つ星運動」のルイジ・ディマイオ党首(31)が投票前に発表した組閣名簿のメンバーは左派中心。選挙期間中に取り沙汰された「イタリア第一!」を掲げるナショナリストの「同盟」と組む「EU懐疑派連立政権」の線は薄れ、民主党との「左派連立政権」が最も有力になってきた。

しかし「五つ星運動」を目の敵にするEU統合派の民主党書記長マッテオ・レンツィ元首相が「総選挙での敗北の責任を取って辞任するが、次の政権が樹立されてからだ」と釘を差しており、「五つ星運動」政権誕生を阻む最大の障害になっている。

民主党の敗北は、2016年12月の憲法改正国民投票で有権者から不信任を突き付けられ首相を辞任したレンツィ氏を再び首相候補に担いで今回の総選挙を戦ったことに尽きる。

過去、首相を4期務めたシルビオ・ベルルスコーニ元首相(81)の「頑張れ(フォルツァ)イタリア」が票を伸ばせなかったのは、ベルルスコーニ氏が脱税で公職から追放されており、選挙に勝っても首相にはなれないからだ。このため、中道右派連合の票はマッテオ・サルヴィーニ書記長率いる「同盟」に流れた。

左派色を強める「五つ星運動」と、もともとEUの枠組み内でイタリア北部の自治拡大や独立を主張していた「同盟」はグローバリゼーションと自由貿易への反対票を集めたという点では共通している。

豊かな北部を支持基盤とする「同盟」はユーロ導入、欧州債務危機を経て、EUへの疑念を強めるようになり、ユーロからの離脱を唱えていた。サルヴィーニ書記長になって穏健なEU改革路線に転換し、支持を広げた。

一方、貧しい南部で支持を広げた「五つ星運動」はイタリアで生まれたすべての市民の生活を守ることを最優先課題に掲げる。1週間の社会奉仕と求職活動を継続していることを条件に、全国一律月780ユーロのベーシックインカム(最低限の所得保障制度の1つ)を導入することを公約にした。ベーシックインカムは決して荒唐無稽な政策ではない。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!