コラム

イタリア「五つ星運動」31歳首相誕生までのシナリオ 最大の障害は民主党のレンツィ元首相だ

2018年03月07日(水)13時00分
イタリア「五つ星運動」31歳首相誕生までのシナリオ 最大の障害は民主党のレンツィ元首相だ

首相になる可能性が出てきた「五つ星運動」のディマイオ党首(3月2日、筆者撮影)

[ローマ発]欧州連合(EU)と単一通貨ユーロに強い疑念を唱えてきた新興の市民政党「五つ星運動」と極右政党「同盟(旧・北部同盟)」が大躍進したイタリア総選挙について、国際問題研究所(iai)のエリオノーラ・ポリ研究員にインタビューした。

市民政党を阻む障害

ポリ氏の解説によると、上下両院で第1党になった「五つ星運動」のルイジ・ディマイオ党首(31)が投票前に発表した組閣名簿のメンバーは左派中心。選挙期間中に取り沙汰された「イタリア第一!」を掲げるナショナリストの「同盟」と組む「EU懐疑派連立政権」の線は薄れ、民主党との「左派連立政権」が最も有力になってきた。

しかし「五つ星運動」を目の敵にするEU統合派の民主党書記長マッテオ・レンツィ元首相が「総選挙での敗北の責任を取って辞任するが、次の政権が樹立されてからだ」と釘を差しており、「五つ星運動」政権誕生を阻む最大の障害になっている。

民主党の敗北は、2016年12月の憲法改正国民投票で有権者から不信任を突き付けられ首相を辞任したレンツィ氏を再び首相候補に担いで今回の総選挙を戦ったことに尽きる。

過去、首相を4期務めたシルビオ・ベルルスコーニ元首相(81)の「頑張れ(フォルツァ)イタリア」が票を伸ばせなかったのは、ベルルスコーニ氏が脱税で公職から追放されており、選挙に勝っても首相にはなれないからだ。このため、中道右派連合の票はマッテオ・サルヴィーニ書記長率いる「同盟」に流れた。

左派色を強める「五つ星運動」と、もともとEUの枠組み内でイタリア北部の自治拡大や独立を主張していた「同盟」はグローバリゼーションと自由貿易への反対票を集めたという点では共通している。

豊かな北部を支持基盤とする「同盟」はユーロ導入、欧州債務危機を経て、EUへの疑念を強めるようになり、ユーロからの離脱を唱えていた。サルヴィーニ書記長になって穏健なEU改革路線に転換し、支持を広げた。

一方、貧しい南部で支持を広げた「五つ星運動」はイタリアで生まれたすべての市民の生活を守ることを最優先課題に掲げる。1週間の社会奉仕と求職活動を継続していることを条件に、全国一律月780ユーロのベーシックインカム(最低限の所得保障制度の1つ)を導入することを公約にした。ベーシックインカムは決して荒唐無稽な政策ではない。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

ビジネス

ダウ反発、OPEC小幅増産決定でエネルギー株が高い

ビジネス

ユーロ急伸、指標やイタリアの残留方針強調受け=NY

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 8

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!