加谷珪一が考える『ポスト新産業革命』

「人口減少」×「人工知能」が変える日本──新時代の見取り図「自動車産業編」

2018年03月19日(月)10時50分
「人口減少」×「人工知能」が変える日本──新時代の見取り図「自動車産業編」

写真はイメージです。 chombosan-iStock.

個人の権利、私有の概念、社会の倫理など、18世紀の産業革命は物質的豊かさをもたらし、人間の価値観を中世以前とはまるで異なるものに変えた。

そして、本格的な「人口減少」時代を迎えた今、「AI(人工知能)」による新しい産業革命が、再び人間の価値観を根本から変えようとしている。

「人口減少」と「人工知能(AI)」後の日本をテーマにした新刊『ポスト新産業革命 「人口減少」×「AI」が変える経済と仕事の教科書』(CCCメディアハウス)を上梓する経済評論家の加谷珪一氏による特別寄稿(全4回:金融機関編/小売編/自動車産業編/不動産・住宅関連業界編)をお届けする。

新時代の見取り図「自動車産業編」

今後10年の間に、自動車業界は未曾有の変化に直面する可能性が高い。AI(人工知能)があらゆる業界に影響を及ぼすというのはすでに常識となっているが、自動車産業の変化は他業種の比ではないだろう。

その理由は、AI化(自動運転)、EV(電気自動車)化による産業構造の転換、シェアリング・エコノミーによる利用形態の変化という3つの大波が同時に押し寄せているからである。

クルマはもともとEVが主流だった

自動運転化とEV化、そしてシェアリング・エコノミーの進展はそれぞれ別の出来事であり、直接的な関連性はない。だが、これらをバラバラな出来事として捉えてしまうと問題の本質を見誤る可能性がある。自動車産業の今後を考える上でもっとも重要なのは、3つの事象が地下茎のように絡み合っている現実を認識し、相互の関係性を理解することである。

歴史を遡れば、クルマが誕生した時点ではEVが主流だったが、当時は性能のよいバッテリーがなく長距離運転ができないという問題があった。このため一旦は、ガソリン・エンジンが自動車の動力源として普及したという経緯がある。

だが、自動車の走行パターン(加速減速を短い頻度で繰り返す)というのは、実は内燃機関の工学的特性と相性がよくない。本コラムは技術に関するものではないので詳細は割愛するが、回転数の上昇に対して山型のトルク(回転力のこと)特性を持つガソリン・エンジンは一般的な自動車の走行にはそれほど適していないのだ。

ガソリン・エンジンはこの欠点を補うため、トランスミッション(変速機)という重い部品を搭載しなければならず、エネルギー効率が悪くなるという欠点を抱えていた。つまり軽くて良質な電源さえあれば、ガソリン・エンジンは容易にモーター駆動にシフトする可能性が最初から存在していたのである。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 10

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 7

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 8

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 9

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!