コラム

安倍元首相の国葬を「日本国の葬式」にしないために

2022年09月29日(木)15時40分

安倍元首相亡き後の空白を埋めることができる政治家はいない YOSHIKAZU TSUNOーGAMMA-RAPHO/GETTY IMAGES

<アベノミクスの「魔術」が消えた今の日本は、昭和の戦前とうり二つ>

9月27日は安倍元首相の国葬である。19日のエリザベス英連合王国女王の国葬と違って、賛否両論で騒然そのものだが、それは日本の首相が国家元首ではないからだ。

首相は、議会での多数決で選ばれた「行政府の長」にすぎず、国民全体を代表する「日本の元首」は天皇。戦後、米占領当局との妥協で、憲法では「象徴」という、よく分からない称号になっているが、その意味は紛れもない元首(Head of State)だ。

だから安倍元首相の特別の功績をたたえるなら、内閣・自民党合同葬がふさわしい。外国の賓客は、別に国葬でなくても来るだろう。賓客を接遇する費用が膨大で自民党では負担できないから国葬にしたのが実情なら、それは本末転倒だ。

外国との関係では、今回参列した外国首脳のうち何人が、日本を再訪してくれるだろう。今の日本のありさまを見ていると、この国葬は読んで字のごとく、まさに「日本国のお葬式」になりかねないと思う。

金利引き上げの是非で揺れる今の日本は、金本位制離脱の是非で揺れた戦前日本とうり二つ。そして生活上の不満から、首相等要人の暗殺が相次いだのも、昭和の戦前だった。

7年半続いたアベノミクスはドーピングのようにカネ余りで経済を膨らませはしたが、今はその落とし前を払う時。アメリカの大胆な脱ドーピング作戦(金利の急速な引き上げ)に抜け駆けされた日本は円安に陥った。このままドーピングを続けて円安インフレになるか、金利を引き上げて円を守るも、デフレ・不況の再来を招くか、どちらがいいかと聞かれても困ってしまう状況だ。

ポピュリズムの魔術は消える

ソ連の作家ブルガーコフの『巨匠とマルガリータ』という有名な幻想・風刺小説では、魔術師が劇場の聴衆に豪華な服をプレゼントするが、彼らがはしゃいで劇場を出ると、下着一枚に変身する場面がある。

今の日本はこれに似ている。「異次元緩和」で好況を演出し、若年層の就職状況を大いに改善し、その勢いで立派な戦略的外交を展開したが(北方領土問題は除く)、その権力は旧統一教会などの勢力に大きく支えられていた。これは国ぐるみの魔術、いやモラルハザードなのだ。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』(草思社)など。最新刊は『日本がウクライナになる日』(CCCメディアハウス)  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独鉱工業受注指数、10月前月比+0.8% 予想以上

ワールド

インドネシア議会、婚前交渉を禁止する刑法改正案可決

ビジネス

アングル:海外勢の日本株買い拡大、円高進行なら巻き

ビジネス

米ゴールドマン、暗号資産企業の買収・出資を模索

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中