コラム

韓国「巨大与党」誕生の意味

2020年04月20日(月)10時40分

そしてそれから約1カ月半。迎えた国会議員選挙にて、与党、「共に民主党」とその直接的な統制下にある「比例代表衛星政党」(今回の選挙に先だって行われた選挙制度改革に備える形で、与野二大政党は選挙戦に備えて、小選挙区に候補者を立候補させる従来の政党に加えて、その直接的な統制下にある「比例代表衛星政党」を立ち上げている。これはこの新たな制度においては、小選挙区で得た議席の少ない政党に対して、比例区で優先的に議席を与えることになっていたためである)は国会全300議席の60%に当たる180議席を得て圧勝した。因みにこの与党の獲得議席数は実質的な単一政党が得たものとしては、1987年の民主化以降の最大の数字である。逆に二大政党のもう一方を占める「未来統合党」/「未来韓国党」の議席数は僅か103議席に留まり惨敗。この数字も1990年に保守政党が統合を果たして以来、二大政党の一角を占める保守政党としては最小の議席数となっている。

情報公開と大量検査に信頼

そして今回の選挙において与党が獲得した60%の議席数は、韓国の国会において特殊な意味を有している。韓国では2012年に成立した「国会法一部改正法律」、通称「国会先進化法」によって、重要法案については、一定以上の期間と手続きによる与野党間の調整を必要することとなっている。この法律は野党にとって、国会での審議を引き延ばし、与党からの譲歩を引き出す重要な機会を提供することとなっており、政府・与党が自らの望む形での政策を実現する上での障害となって来た。
しかし同時に同法律は、「国会議員300人のうち180人以上が同意すれば、法案をファストトラック(迅速処理案件)とし、国会本会議に自動的に上程できる」とする例外規定を置いている。つまり、今回文在寅与党が獲得した180という議席数は、これまでは過半数の議席すら有していなかった与党が、今後は野党の抵抗をさほど考慮せずして、自らの望む法案を「迅速」に処理する事が出来るようになった事を意味している。

この与党の大勝をもたらした最大の原因は、既に別媒体でのインタビュー(日経ビジネス「韓国、コロナ対応に満足した国民が文政権を大勝させた」)でも述べた様に、文在寅政権による新型コロナ対策への韓国世論の好感である。そもそも韓国政府による新型コロナ対策は、例えば韓国ギャラップの調査でその初期段階の2月第2週でも64%の支持を集めるなど、当初から文在寅政権自身のそれよりもはるかに高い国民の支持を集めてきた。その最大の理由は、この対策においては、感染者に関わる積極的な情報公開と大量検査の実施により、個々の国民の不安感を払しょくする事に力を注がれて来たことである。必要であればいつでも検査が受けられる、という状況と、自らの近くに感染者が来れば知る事が出来る、という情報公開の在り方は、感染者のプライバシーに関わる情報が公開されるという問題をもたらす以上に、ウイルスへの感染に怯える人々に一定の安心感をもたらすことになった。

プロフィール

木村幹

1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

ニュース速報

ビジネス

米、新型コロナ死者13万人突破 感染者300万人に

ワールド

インドのコロナ感染者数約70万人、ロシア抜き世界3

ビジネス

FRBの中小企業向け融資はフル稼働、債権買取へ=ボ

ワールド

トランプ氏、中国や製造業などに関する大統領令検討=

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 10

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!