コラム

スポーツを侵食する新時代ギャンブル

2017年08月25日(金)14時30分
スポーツを侵食する新時代ギャンブル

イギリスのスポーツファンの熱狂は良くも悪くも有名だが Eddie Keogh-REUTERS

<イギリスではギャンブルの規制緩和でスポーツがすっかり賭けの対象になり、観戦風景も様変わりした>

先日、友人とパブで夕食を取っていたら、いくつか先のテーブルに着いていた男2人がひどく興奮していた。彼らはロンドンで開催されている世界陸上をパブのテレビで観戦中で、男子200メートルでトルコ人選手が接戦を制して優勝したのに狂喜していたのだ。

すると解説者が、もう一方の選手のほうが先にゴールしたのではないかと言い出した。パブの2人は一瞬、がっくりした......でも、結局トルコ人選手の勝利が確定すると、歓喜の叫びを上げて抱き合った。「シャンペンを開けようぜ」と1人が言った。

(アクセントから判断して)1人はアイルランド人、もう1人はイングランド人のようだったから、そう有名でもないこのトルコ人選手に彼らがそこまで思い入れていることに、僕はびっくりした。でもすぐに、1人がトルコ人選手の勝ちに賭けていて、配当を手にしたことが判明した。僕と一緒にいた友人によると、2人は僕らがパブに入ったときから(200メートル決勝の2レース前だった)賭け率を調べ、スマートフォンで賭けに参加していたという。

どうやらこれは、近頃では珍しくもなんともないことのようだが、僕が若い頃のギャンブルのイメージとはずいぶんとかけ離れている。当時のギャンブルとは、たいていは中高年の男が殺風景なギャンブル専門店で行う(イケてない)ものだった。賭けの対象がサッカーでも、賭けたその場で座って試合を観戦することなどできなかった。賭けたら普通、立ち去るものだった。

大半の人はたまに賭けるだけ(競馬の障害競走のグランドナショナル、イングランド代表の国際試合、サッカーのFAカップの決勝とか)。僕はと言えば、これまでドッグレースくらいにしか賭けたことがない。僕の人生で計20回ほどだ。気に入った名前の犬を選び、実際のところ勝ちそうかどうかなど関係なしに応援した。数ペニーの「浪費」で、レースはより面白くなった。

【参考記事】大学も就職も住宅も「損だらけ」のイギリスの若者たち

同じスポーツを見ているはずが

世界陸上の件があった翌日、僕はサッカーのゲーム(アーセナル対レスター戦)を見るために別のパブにいた。真後ろで若い男3人が酒を飲みながら観戦していた。こういう状況では、近くで飲んでいる人間がどちらのチームを応援しているかを慎重に見極めなければならない(敵チームのPKミスを野次ったら、そのチームのファンの酔っ払い軍団がそばにいた、なんてことにならないように)。

奇妙なことに男3人は、どちらのチームを応援しているかという様子を見せずに、サッカーについて知識豊かに語っていた(「サンチェスは移籍すると思うか?」「カイル・ウォーカーに5000万ポンドの価値はあるか?」「ショーン・ダイチェはバーンリーのパーフェクトな監督だ」などなど)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 7

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!