コラム

記者から首相補佐官へ──「華麗なる転身」の落とし前をどうつけるのか

2020年11月12日(木)18時00分

HISAKO KAWASAKIーNEWSWEEK JAPAN

<メディア業界に衝撃を広げた元スター政治記者の首相補佐官への転身。その行動は以前、著書で書いたことと矛盾しないのか>

今回のダメ本

ISHIDO-kakizaki.jpg検証 安倍イズム──胎動する新国家主義
柿崎明二[著]
岩波新書
(2015年10月)

自著の評価を自ら落とす著者がいる。よくあるパターンは言行不一致で、あれだけ偉そうに書いていながら、実際の行動はこれかいなというものだ。最近で言えば、本書がそれに当てはまる。筆者の柿崎明二は毎日新聞に入社し、その後、共同通信記者に転じてそれなりの取材力と舌鋒鋭い政権批判でテレビなどでも活躍していたスター記者だ。その柿崎が、発足したばかりの菅義偉政権の首相補佐官に起用されるというニュースは永田町以上に、マスコミ業界でも衝撃を持って受け止められた。

簡単に言えば、「かくもあっさりと、権力側の世界に行くのか......」という驚きである。気骨ある政治記者は懐に飛び込んでも、権力に取り込まれることなく一線を画し、じっくり観察し、そしてタイミングを計り全てを書く。凡庸な記者は取り込まれ、時の政権の代弁者になるだけだが、彼はさらに上を行きあっさりと首相補佐官へと転じた。

柿崎は本書のように、安倍政権の手法を批判してきたリベラル派であり、リベラルからも人材を登用したと菅の手腕に言及する声も多い。だが、柿崎が本当にリベラルかといえば、全くそんなことはないだろう。自身の言葉に責任を持とうとするならば、リベラルだろうが保守だろうが、安倍政権を最も正統に継承した菅政権にあっさりと登用されることはないし、誘われたとしても当然、自ら断るのが筋だ。

本書に限らず彼の行動、過去の発言を読む限り、私には大手新聞社の政治部でたまにいるタイプの記者にしか見えない。つまり、政治家と同じ目線で大所高所から政局や国家観を語るのが好きな記者だ。菅とは同じ秋田県出身で、地方の悲哀を知る者同士、そして政局が好きな者同士でウマが合ったというのは大きな要素ではないか。彼がもっと語るべきは、彼自身の言葉と行動の整合性だ。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。本誌の特集「百田尚樹現象」で2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を、月刊文藝春秋掲載の「『自粛警察』の正体──小市民が弾圧者に変わるとき」で2021年のPEPジャーナリズム大賞受賞。著書に『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)、『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館)、『ニュースの未来』 (光文社新書)など

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の国内暫定集

ワールド

核兵器使用で「深刻な結果」招く、NATOがロシアに

ビジネス

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停

ビジネス

「不確実性に拍車かけるな」仏中銀総裁が警告、市場変

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 4

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 5

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 6

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 7

    プーチンに自国を売り渡し、「戦争の共犯者」に成り…

  • 8

    プーチン動員令、国内パニックだけじゃない深刻な影響

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中