コラム

国際社会から非難される「人権弾圧大国」イランと外交で協調する岸田政権、日本が失うものとは?

2022年11月09日(水)12時25分
イラン

alexis84-iStock

<「不適切な服装」の22歳の女性の死、ロシアへのドローン提供など、人権問題で批判されるイランと「伝統的友好関係の一層の強化」をする日本政府。二枚舌外交の代償を払うのは日本国民>

イラン・イスラム共和国が2つの「疑惑」で世界の注目を集めている。1つはロシアに自爆ドローンを供与した疑惑、もう1つは国内で拡大する反体制デモを暴力的に弾圧している疑惑だ。

米国務省は8月にはイラン製ドローンがウクライナ戦に導入されたと分析するが、ロシアは使用されているドローンはあくまでもロシア製だと言い張り、それがイラン製だという指摘は「根拠のない非難」にして「陰謀」だと主張、イランもこの疑惑を否定している。

一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は、イランがロシアにウクライナ人の殺害手段を提供して血にまみれた金を稼いでいると指摘し、イランを明確に非難。

ウクライナ空軍司令部も10月30日に同空軍が9月13日以降、300機以上のイラン製自爆ドローンを撃墜したと報告した。ウクライナ国防省はイランとロシアを「2つのならず者国家」と呼んでいる。

無辜の市民に対する無差別攻撃は戦争犯罪に当たる。米ニューヨーク・タイムズ紙は10月18日、イランはウクライナに人員を送りドローン操作を指導していると報じた。イランはロシアの戦争犯罪に直接加担している可能性があるのだ。

イランは国内では苛烈な人権弾圧に手を染めていると報じられている。22歳の女性が「不適切な服装」をしていたという理由で道徳警察に拘束され、その後死亡したことが報じられたのを機に抗議デモが始まったのは9月17日のことだ。

デモは全国に拡大し、当局による実弾を用いた弾圧についても報じられるなか、10月17日、人権団体イラン・ヒューマンライツはデモ開始以来、少なくとも215人が死亡したと報告。国連は11歳の少年を含む子供計23人が治安部隊に殺害されたとみられると公表した。

アメリカ、カナダ、イギリス、EUは2つの疑惑についてイランを「クロ」と見なし、非難声明や追加制裁を次々と発表した。10月31日にはニュージーランドのマフタ外相が「普遍的人権の行使を妨げる暴力は容認できないし、終わらせなければならない」と述べ、イランとの二国間人権対話の一時停止を発表した。しかし日本政府の対応は全く異なる。

岸田首相は9月21日、ニューヨークでイランのライシ大統領と会談し、長年にわたるイランとの伝統的友好関係の一層の強化に向けて協力していきたいと述べた。外務省ホームページにはにこやかに握手する2人の写真が掲載されている。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。麗澤大学客員教授。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)、『中東問題再考』(扶桑社BOOKS新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中