コラム

テヘランのトイレは小便器なし、シャワーあり

2016年11月25日(金)14時45分

尻の穴をめがけて正確にシャワーを噴射するのは難しい

 蛇足だが、前述の朝日新聞の記事には「イランのトイレには必ず、水の噴き出すホース」があると記されている。これはイランにかぎらず、アラブ諸国でもおおむねそうで、日本のシャワー・トイレと似たようなものが中東でも広く普及しているのだ。しかし、日本のハイテク・トイレとは異なり、かの地では単にシャワーの先から水かお湯が出てくるにすぎない。したがって、用を足した人は、自分の手で尻の穴に蛇口を向けて、水流も微妙に調節しながら、洗わねばならないのだ。紙で拭くよりは気持ちいいが、片手でずり下がるズボンを抑えながら、もう一方の手で、後ろに手をまわしながら(これはわたしのやりかた、もしかしたら前から派もいるかもしれない)、尻の穴の位置めがけて正確にシャワーを噴射するのはけっこう難しく、相当な慣れが必要である。ちなみに手で水をすくいながらピシャピシャ洗う場合、男性は後ろから前へ、女性は前から後ろへと洗うべしと最高指導者はいっているので、わたしのやりかたはシーア派的には正しいことになる。

 インターネット上にある外国人によるイラン旅行記を見ていたら、男性用小便器にシャワーがついている写真があった。こちらはアラブ諸国ではあまり見かけないものだ。だが、用を足したあと、水で洗うというのも預言者の慣行にもとづいている。また、ハディースには、預言者が小用の際、右手でペニスに触れたり、右手でペニスを洗ったりしてはならないと述べたとも記録されている。少なくとも写真をみるかぎり、イランの小便器につけられたシャワーは、右手でもつようになっているので、男性は左手でペニスをもっていることが前提になっているはずだ。

 しかし、右手でシャワーホースをつかんでペニスに水をかけた場合、これは洗う行為には含まれないだろうか。考えてみると、大便器の場合もシャワーは基本的に右側についている。右手でホースをもってペニスや尻の穴に水をかけて、それから左手で該当部分をごしごし洗うというのが作法なのだろう(小生がもっているホメイニー師の『諸問題解説の書』の英訳には小の場合、ペニスは左手でもつ、水で洗えばOKとなっているが、どちらの手で水をかけるかは書いていなかったと思う。ちなみに、お尻の洗いかたについても具体的に書いてあるので、くわしくはそちらを参照してほしい)。

 世界に冠たる日本のハイテク・トイレ、すでに大のあとの洗浄は完成の域に達しているといえよう。小の場合でも、用を足したあと、センサーで先端を探知し、正確にシャワーを命中させ自動的に洗ってくれるという技術などつくれないだろうか。そうすれば、ハラール・トイレとして逸早くイスラーム市場を独占できると思うのだが。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

東京オリ・パラ、成功に向けしっかり対応=加藤官房長

ワールド

米厚生長官、議事堂襲撃がトランプ氏の「レガシー汚す

ワールド

トランプ政権、政府機関に中国製品の調達抑制を指示

ビジネス

中国GDP、2020年は2.3%増 第4四半期は前

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!