コラム

よみがえった「サウジがポケモンを禁止」報道

2016年06月28日(火)16時32分
よみがえった「サウジがポケモンを禁止」報道

AJ/AA-REUTERS

<「ポケモンはハラーム」との記事が日本のニュースサイトに出たが、そんなはずはない。多神教で進化論的なポケモンを禁止するお触れはもう15年も前に出ている。記事の出元をたどってみると、英語版ニューズウィーク、そしてMEMRIという非営利調査・研究機関のようだが......> (2001年、ヨルダンの新聞の風刺画。剣を持った真ん中のアラブ人のプラカードは「ポケモンを倒せ。ポケモンはシオニストの陰謀だ」)

 1か月ほどまえのこと、何の気なしにフェイスブックだかツイッターだかをながめていたら、サウジアラビアでポケモンが禁止されたとのニュースが流れてきた。出所はスプートニク・ニュース(日本語版)で、それによると、「猫と一緒のセルフィや、アニメ「ポケモン」のキャラクターが登場するボードゲームやカードゲームを禁止するファトワ(宗教令)が出された」というではないか。

 誤解を招くといけないので、正確に引用しよう。「神学者のサラハ・ビン・ファウザン・アル=ファウザン氏は、特に猫と一緒のセルフィは害であるとし、動物とのセルフィは西洋文化崇拝の証拠だと指摘した。/別のファトワでは、アニメ「ポケモン」のボードゲームとカードゲームをすることが禁止されている。」そんなバカな、である。

 神学者ファウザン氏とは正確にはイスラーム法学者のサーリフ・ファウザーンである。これを素直に読めば、ファウザーンがファトワーを2つ出して、それぞれセルフィー(自撮り)とポケモンを禁止したと理解できる。「そんなバカな」といったのは、ポケモンを禁止するお触れはもう15年も前にサウジアラビアで別の法学者によって出されていたからだ。

【参考記事】死と隣り合わせの「暴走ドリフト」がサウジで大流行

 サウジアラビアがまたぞろやらかしてくれたかと思って、スプートニク・ニュースをよく読んでみると、ニューズウィーク誌が出元だという。そこで同誌のサイトを調べてみると、日本版には該当する記事がなく、あったのは英語版であった。そこでは、ファウザーンのファトワーの部分につづき、1月にサウジアラビアでアールッシェイフ総ムフティー(ムフティーはファトワーを出す人の謂い)がチェスを禁止するファトワーを出したとなっており、さらに、彼が、キリスト教やユダヤ教を広めようとしているとしてポケモンを禁止したとつけ加えている。ニューズウィークではいちおうセルフィーを禁止した人とポケモンを禁止した人が別人であることが明言されているので、スプートニクの記事はやはり不正確というべきだろう。

底意地の悪い親イスラエル派組織

 ちなみにニューズウィークは、ファウザーンの発言に関しMiddle East Media Research Institute(MEMRI)の公開したビデオに依拠したといっている。このMEMRIという組織、非常に興味深い。日本語版ウェブサイトに出ている紹介によれば、「1998年2月、アメリカの対中東政策をめぐる論議に関し、情報提供を目的として設立された超党派の非営利調査・研究機関。寄付行為で運営している」とある。中東のニュースを日々フォローしている人であれば、一度ぐらいお目にかかっているかもしれない。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

中国の格付業界に規制機関が警鐘、実態にそぐわない格

ビジネス

関電の大飯原発3・4号機、大阪地裁が国の設置許可取

ワールド

日本政府の経済対策、目玉のグリーン基金は1─2兆円

ビジネス

日経平均は反落、週末と米雇用統計控えで模様眺め

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 6

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 9

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 10

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 4

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 5

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 10

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!