ニュース速報
ビジネス

インタビュー:ウェルスマネジメントでグループの連携強化=SMBC日興社長

2024年06月19日(水)12時23分

SMBC日興証券の吉岡秀二社長は、ロイターとのインタビューで、個人が保有する資産を包括的に管理するウェルスマネジメント事業で、三井住友フィナンシャルグループとの連携を強化して取り組む方針を示した。写真はインタビューに応じる吉岡社長。都内で7日撮影。(2024年 ロイター/Issei Kato)

Ritsuko Shimizu Anton Bridge

[東京 18日 ロイター] - SMBC日興証券の吉岡秀二社長は、ロイターとのインタビューで、個人が保有する資産を包括的に管理するウェルスマネジメント事業について、三井住友フィナンシャルグループとの連携を強化して取り組む方針を示した。

資産運用を考える顧客の中には、不動産やローン、相続のサービスも一緒に受けたいというニーズが高いという。同社では、資産運用を切り取って証券が行うのではなく、資産管理サービスをできる社員が銀行に出向する体制を取っている。3年前に10人でスタートし、現在は88人が出向している。富裕層を中心としたウェルスマネジメント分野は、他の証券会社も力を入れており、競争が激しくなっているが、吉岡社長は「15年前にSMFGの傘下に入り、顧客の紹介も受け、成長ドライバーのひとつになってきた。FGベースで物を考え、より大きな顧客ベースにアクセスして、われわれの対面の力を訴求していく」と話す。

吉岡社長は、顧客と対面でアドバイスできることは強みと強調。特に、富裕層の顧客はそうしたサービスを必要としていると指摘する。

同社は、2017年から米ブラックロックのリスク分析エンジンを活用した資産管理サービスツールを導入し、期待リターンやリスクを客観的な数字として提示し、資産運用のアドバイスを行っている。「これまで2万口座の限られた顧客向けに使っていたが、機能を高度化し、今夏から担当が付いている63万口座全てに範囲を広げる」とした。政府が資産運用立国を掲げ、日本でも資産運用が浸透するにあたって、個人もリスクやリターンを自ら考えることの助けにもなるとみている。

日本では、ようやくデフレ脱却が視野に入り、金融政策も正常化に向けて動き始めた。吉岡社長は「ある程度金利が出てくると、ポートフォリオの考え方は訴求しやすくなる。投資環境は整ってきているような気がする」と述べ、日本に資産運用が根付くよう貢献してきたいと話した。

吉岡氏は、相場操縦事件をめぐり「再建の道筋がついた」として退任した近藤雄一郎前社長の後任として、4月1日付で社長に就任した。経営企画共同部長、常務執行役員グローバル・マーケッツ共同統括兼エクイティ共同本部長などを歴任してきた。

*インタビューは7日に実施しました。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

世界の平均気温が史上最高、2日連続で記録更新=EU

ビジネス

焦点:日銀利上げ、円安にらみ政権・与党内で議論百出

ビジネス

日銀、国債購入3兆円程度に違和感なし 利上げ時期は

ビジネス

英総合PMI、7月速報値は52.7に上昇 予想上回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中