コラム

トランプが壁ドンして言ったこと(良いトランプ・ジョーク)

2020年02月17日(月)17時25分
トランプが壁ドンして言ったこと(良いトランプ・ジョーク)

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<トランプはなぜ国境に壁を建設したい?――トランプ大統領はいま世界のジョーク界の主役だが、実はネタの内容が望ましくないジョークも多い。世界各地でジョークを収集してきたノンフィクション作家、早坂隆氏によるジョーク・コラム第4回>

【因果関係】
トランプ大統領にペンス副大統領が聞いた。

「大統領はなぜ、そんなに国境に壁を建設したいのですか?」

それを聞いたトランプは、豪快に笑いながら答えた。

「君はもっと世界史を学ぶべきだね。そして、物事の因果関係をしっかりと見極めるべきだ」

「どういうことでしょうか?」

トランプは続けた。

「君は中国がかつて巨大な壁を建設したことを知っているかね?」

「グレートウォール(万里の長城)ですね」

「そうだ。そして、それを踏まえた上で、中国の現状をよく考えてみたまえ」

「と言いますと?」

トランプは得意げに言った。

「中国にメキシコ人はたくさんいるのかね?」

◇ ◇ ◇

現在、世界のジョーク界の主役は、何と言ってもアメリカのドナルド・トランプ大統領。これまでの政治家にはないその規格外のキャラクターは、世界中で格好の「笑いのターゲット」となっている。

ただし、以下の話は意外なことに聞こえるかもしれないのだが、実はそのネタの内容は先のジョークのようにトランプの政策を風刺するものよりも、彼の外見を単純にバカにするような性質のものが多い。特にアメリカでは、彼の肌の色を「オレンジ」と揶揄するネタや、頭髪を「かつら」としてコケにするような、小学生の悪口レベルのジョークが人気を集めている。

率直に言って、このことは今のアメリカ社会のかたちを如実に表しているように思う。皆、あまりに感情的なのである。

感情化する社会の行く末

ジョークは社会の本質を映し出す鏡のような存在でもあるが、「トランプ・ジョーク」におけるこの現象は「アメリカ社会の分断」を感じさせる象徴的な風潮にも見える。

アメリカは今や人種の別ではなく、その支持政党の違いによって大きく分断されている──ものすごく感情的に。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』(共に文春新書)など。最新刊は『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(文春新書)。

ニュース速報

ビジネス

アングル:老舗酒造が乗り出す高アルコール商品、消毒

ワールド

立皇嗣の礼、延期で調整=菅官房長官

ワールド

サウジ・米・ロシア首脳、産油国間の協力を確認=通信

ワールド

緊急事態宣言対象に他地域含めるに至らず、慎重に判断

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!