コラム

トランプは大統領選に勝てない...それでも共和党が彼を切り捨てられない理由

2022年11月22日(火)12時05分
トランプ出馬宣言

トランプの出馬表明は共和党とアメリカにジレンマを突き付けた JONATHAN ERNSTーREUTERS

<2024年大統領選への再出馬を正式表明したトランプは、民主党候補が誰であれ敗北する可能性大。それでも米政治は、今後も彼に「支配」され続ける>

ドナルド・トランプがフロリダ州の別宅マールアラーゴで悪辣な言葉を並べて2024年大統領選への再出馬を正式表明した11月15日夜、会場には娘のイバンカさえ現れなかった。

その場に駆け付けた政治家は、中間選挙で落選したセクハラ疑惑まみれの若手下院議員マディソン・コーソーンぐらいのもの。「不安と絶望」「ワシントンDCの腐敗と汚職」「極左の狂気」「この破滅の国を救えるのは自分だけ」といった話が延々と続くなか、途中で帰ろうとした聴衆は警備員にドアを塞がれ、文字どおり捕らわれの身となってとどまるしかなかった。

共和党とアメリカも今、聴衆と同じジレンマに直面している。次期大統領選でトランプから逃れるすべはないのだ。

共和党内の指名獲得レースでトランプが先頭を走っているのは明らかだ。トランプは機密文書の持ち出しから金融詐欺、選挙への干渉まで数々の疑惑で有罪になるリスクを抱えており、民主党の候補者が誰であれ大統領選では敗北するだろう。それでも彼は、労働者階級に属する地方の低学歴の白人の多くと、共和党内のかなりの勢力の怒りと恐怖心を操れる存在だ。

不平不満に満ちた75分間の演説をきっちりと聞く経験は衝撃的だった。「誰もが自分を狙っている」「腐敗がひどい」といったお決まりの支離滅裂な話と、プロのスピーチライターが書いたであろう筋の通った、時に抒情的な表現が混在する演説で、トランプは普段以上にサイコパスらしい無感情の話し方をしていた。

トランプが自然にほほ笑むことはまずない。相手をにらみ、ふてくされ、自画自賛し、罵詈雑言を浴びせる。数々の法的脅威が迫るなか、トランプは20年大統領選の敗北を認められない心理状態にある。

自分に従わなければすべてを破壊する

だが、彼は怒りと憎しみをたぎらせながら自分のことばかり語る男だ(「私は天才だ」「解決できるのは私だけ」「私は選ばれし者だ」)。今回の出馬表明でも、お決まりの悪──国境の無法状態、外国からのアメリカ蔑視、冷酷なエリートたちなど──を並べ立て、アメリカ全体が自分に「忠誠」を誓わない限り「腐った」システムを丸ごと破壊する、と脅した。

もっとも、共和党に対するトランプの影響力は大統領選を制した16年当時よりも弱まっている。共和党の大物たちは、マールアラーゴでの出馬表明への出席を回避。ここにきてようやくトランプと距離を置こうとする者も現れ始めた。「現時点では彼は障害でしかない」と、共和党全国委員会のあるメンバーは語っている。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ春闘、初回で回答せず 労組は最高水準賃上げ要

ワールド

インドネシア大統領選、敗北2候補が不正主張 議会に

ワールド

NY州司法長官、トランプ氏の資産差し押さえも

ワールド

バイデン氏、トランプ減税の失効検討 2期目へビジョ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story