コラム

国葬強行による安倍元首相の神格化を許すな

2022年09月26日(月)16時54分

岸田政権が国葬を強行する理由をもう一つ挙げるとすれば、終わってみれば「国葬やってよかったよね」という世論が広がることを期待しているのではないか。

2021年、当時の菅政権は、新型コロナウイルスの感染者が増える中、『東京オリンピック2020』を決行した。世論調査では、延期・中止派が過半数に達していた。しかしオリンピック後に行った世論調査では、日本勢のメダルラッシュなどもあり、オリンピック支持派が多数を占めた。

確かに国葬議にはオリンピックとは違ってイベントとしての魅力はない。しかしそれでも、中継や夜のニュースなどで海外の来賓や安倍元首相を支持する市民のコメントを流しておけば、結局は「やってよかったムード」が醸成されるだろうという期待を自民党首脳部がしたとしてもおかしくはない。実際、二階元幹事長はテレビ番組で国葬について「淡々とやることだ。国葬が終われば、反対する人たちも良かったと思うはずだ」と発言している。

そして安倍元首相は国葬が行われたことをもって、「国葬が行われるに値する」首相であったことが既成事実化される。旧統一協会問題や桜を見る会問題など、安倍元首相は死してもなお追及されるべき不正疑惑に事欠かない。そのような検証を、国葬という権威により有耶無耶にしようとすることもできるかもしれない。安倍首相に近かった党内右派を中心に、そのような神格化の動きは必ず出てくるだろう。

既成事実化は許さない

しかし、そのようなシナリオはうまくいくだろうか。自公政権が既成事実化しようとした「オリンピックやってよかったよね」ムードは、ここ数カ月オリンピック関係者が相次いで操作され逮捕されていく中で、一変しようとしている。オリンピックが利権まみれの汚いイベントだったことが明らかにされつつあるのだ。

先日のコラムでも書いたように、国葬をめぐる予算や広告代理店への委託の議論は、オリンピックの縮小再生産となっている。現在進行形で進んでいるオリンピック捜査の生々しさは、一説にはイギリスのエリザベス女王の国葬よりも高額とされる安倍元首相の国葬への「よかったムード」を打ち消すには十分であり、27日以後もなお追及が続いていく可能性があるだろう。

さらに今なお続いている旧統一協会問題で、カルト的なものへの危機感が世論において高まっている中で、安倍元首相への個人崇拝的なコメントがテレビで流れることは、逆効果になるかもしれない。

ただし、現時点で安倍元首相の国葬が「やってよかったムード」にはならなかったとしても、数年後には「安倍元首相の国葬はごく一部の反対派が騒いだが多くの国民は支持しており厳粛に執り行われ国際的にも評価されその偉大な功績が称えられた」という都合のよい歴史修正がなされてしまう可能性がある。

そのような歴史の改変を阻止するためにも、私たちはこの状況をしっかりと記憶し、記録にとどめていく必要があるだろう。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと)  埼玉工業大学非常勤講師、批評家
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿 
Twitter ID:@hokusyu82 『

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

政府内の監視カメラ、調達手続き明確化 リスク対応は

ビジネス

日産の4─12月期は営業益51%増、値上げ寄与 通

ワールド

ロシア軍事会社「ワグネル」、受刑者の採用中止

ビジネス

資産所得倍増、資本逃避・円安助長とは一概に言えず=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 4

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 5

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 10

    性的暴行犯、裁判で「性自認は女性」と訴え女子刑務…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中