コラム

力に目覚めた無関心なエジプト人

2011年01月26日(水)17時27分

pass_120111.jpg

どこがノンポリ? ムバラク退陣を要求して警官隊と衝突したデモ隊(1月25日、カイロ)
Asmaa Waguih-Reuters


 ここ数時間、エジプトで拡大する反政府デモの様子を知るためにツイッターに釘付けになっている。今回のデモはエジプトの祝日「警察の日」に合わせてかなり前から計画されていた。「警察の日」はもともと、1952年に駐留イギリス軍に対して立ち上がったイスマイリアの警官たちを称える日。だが近年は強権体質の警察が煙たがられていることもあって、ホスニ・ムバラク政権のさまざまな欠点を象徴する日になっている。

 今年はチュニジアの革命に感化された人々がフェースブックを使って、これを「怒りの日」にしょうと呼びかけた。彼らは、アレクサンドリアの若者ハリド・サイドが警官に激しい拷問を受けて殺害された昨年の事件にも怒りをみせる。

 彼らの抗議計画は予想以上の成果を収めている。デモは西はギザのドッキ、北はシュブラまでカイロ周辺の街のいたる所で始まり、そこからカイロ中心部へ流れてきた。街の要所であるラムセス、アブディーン、アタバ、タハリール広場に大勢の群衆が集結と報じられている。アレクサンドリア、マンスーラ、シナイといった他地域にもデモは広がっている。

 ただし、「大規模」な抗議行動が起きていると言うのは時期尚早だ。エジプトの人口は約8000万人で、今のところデモ参加者が10万人を超えたという報道はない。それでも、本当に大きなデモに発展する可能性はある。暴行や催涙ガス、放水銃が使われている場所もあるが、警察は基本的に不干渉の方針を取っている。

■弱かったデモ鎮圧部隊

 デモが大きくなれば、ムバラクはチュニジアのゼイン・エル・アビディン・ベンアリ前大統領と同じジレンマに直面するだろう。本気で鎮圧するか、デモ隊の要求に歩み寄るか(非常に評判の悪いハビブ・アルアドリ内相の更迭など)、もしくはその両方を行うかだ。

 デモ隊鎮圧を担当する中央保安軍(CSF)の機動隊は、ほとんどが北部出身のやせておどおどした青年たち。きちんとした教育を受けておらず、技能も装備も乏しく、給料も低い。CSFがデモ隊に打ち負かされ、引き下がったとの報道も多い。ムバラクは今日、彼らが頼りにならないことを思い知っただろう。

 一方、100万人以上の兵士を抱える軍は装備も充実し、自分たちの権益を守る動機も十分にあると思われる。ムバラクは彼らのほか、警察や治安当局のさまざまな力を頼りにデモの組織者を追うはずだ。春にはエジプトの街で戦車を見ることになるのだろうか?

 そこまで事態は進展しないかもしれない。だがエジプトの人々は今日、自分たちの力を再認識した。静かで何事にも無関心、ノンポリと思われてきた彼らは目が覚めるような感覚を味わったはずだ。ムバラクは今晩よく眠れないだろう。

 しばらくエジプトから目が離せない。

──ブレイク・ハウンシェル
[米国東部時間2011年01月25日(火)9時15分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 26/01/2011. © 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story