コラム

カルザイ麻薬疑惑に食い下がれ

2010年04月08日(木)16時04分

 アフガニスタンのカルザイ大統領はヤクでもやっているのか? 国連アフガニスタン支援団のピーター・ガルブレイス前副代表が4月6日に述べたコメントは、明らかにそう示唆していた。

「彼は長広舌だ」と、MSNBCの番組でガルブレイスは語った。「非常に感情的になったり衝動的に行動することがある。実は大統領官邸のインサイダーによると、彼はアフガニスタンの最も収益性の高い輸出品を嗜好しているそうだ」。いかにも内容を察してくれと言わんばかりだった。

 カルザイが麻薬中毒だと非難しているのかと聞かれると、ガルブレイスはかわした。「そういう趣旨の報道がある。ただ原因が何であれ、現実に彼は非常に感情的になることがある」

(ここでガルブレイスには個人的な思惑があることに注意すべきだろう。彼は昨秋、国連を解任された。カルザイの選挙不正を執拗に非難して上司のカイ・エイダとぶつかり、アメリカと国連に何らかの手を打つように圧力を掛けたためだ。)

 今日(4月7日)の国務省の記者会見で、クローリー次官補は、ガルブレイスの発言に関して何とか失言を引き出そうとする報道陣の度重なる質問をはねのけた。


記者 きのう大使が・・・ガルブレイス前大使がテレビ出演してかなり直接的な・・・・・・。

クローリー とんでもない非難?

記者 どう表現するかはお任せしますが・・・・・・。

クローリー 私はそう表現します。

記者 アメリカ政府として、カルザイ大統領が例えば官邸の地下に隠れてマリフアナを吸っているとか、もっとひどいことをしていると考える理由はありますか?(笑)

クローリー 彼はアフガニスタンの大統領です。われわれと密接に関わってきました。長官は金曜日に彼と話をしました。アイケンベリー大使も金曜日に話したし、マクリスタル司令官とアイケンベリー大使は週末を彼と過ごしました。ピーター・ガルブレイスによる非難を支持する情報は持ち合わせていません。


 その後、記者たちはさらに試みる。


記者 ガルブレイスの発言・・・。

クローリー それが何か。

記者 ・・・でも麻薬疑惑は別として、彼は大統領の、「気まぐれ」が適切な言葉かもしれませんが、そういう言動について語っています。アメリカ政府はカルザイの安定性、精神の状態、あるいは最近の不規則な行動について懸念していますか。

クローリー いいえ。

記者 まったく?

クローリー まったく。


 そして、気持ちを込めて、もう一度。


記者 つまりガルブレイスの意見に同意しない・・・・・・。

クローリー しません。

記者 ・・・について・・・。

クローリー しません。

記者 多少なりとも?

クローリー 彼は、いいですか、彼はアフガニスタンの大統領で、われわれが尊敬する人物で、われわれと密接に協力して、全国レベルで実効性ある政府を作り上げようとしている人物です。そして、われわれは地方レベルでも実効性ある政府をつくるため、アフガニスタンのほかの人たちとも協力を続けます。


 惜しかったね、みんな。

──ブレイク・ハウンシェル
[米国東部時間2010年04月07日(水)19時47分更新]

Reprinted with permission from FP Passport 8/4/2010. ©2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国大統領府近くに北朝鮮のごみ風船、危険性なし=警

ワールド

ハンガリー、EU基金の払い戻し阻止へ ロシア産原油

ワールド

トランプ氏、ネタニヤフ氏と会談へ 26日にフロリダ

ビジネス

午前の日経平均は小幅続落、一時300円超安 米株先
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story