コラム

イランのねじれた『LOST』愛

2009年09月15日(火)15時37分

 米テレビドラマ『LOST』は、これまでイランの闇市場でインターネットのダウンロードや違法DVDを通じて大量に出回っていた。イラン政府は最近、この人気ドラマの流通をついに合法化した。英ガーディアン紙が報じた


 イランの闇市場では、これまで『24―TWENTY FOUR―』や『プリズン・ブレイク』、『デスパレートな妻たち』のような長編ドラマが広く流通していたが、法的お墨付きを得たものは何ひとつなかった。政府はこれまで『LOST』を批判し、メディアに放送するなと警告してきた。その販売・放送の合法化は大きな方針転換だ。

 最近アハマディネジャド政権の文化・イスラム指導相職から更迭されたモハメド・ホセイン・サファルハランディは、『ロスト』は「シオニストの考え」を広げるものだと批判した。一方で『LOST』には「東洋的」なテーマが含まれているからイランの視聴者に適している、と主張する人たちもいる。

「我々の古典文学のおかげで、この物語の雰囲気はイラン人や東洋の視聴者にとっては馴染み深い」と、テレビ・映画評論家のサイード・ゴットビザデはテヘラン・エムルーズ紙に語った。「東洋の視聴者はこのドラマを理解できるし、自然と好きになる」


 私は『LOST』のシーズン1しか見ていないが、この話のテーマはとても西洋的にみえた。キリスト教ならではの償いのシーンがたくさんあるし、登場人物の名前には明らかに西洋の思想家に由来するものがある。たぶん、私は何かを見落としているのだろう。

 法的許可を得て出回るイラン版は、裸に近い姿の女性や男女間の身体的接触といった「イスラム的でない」シーンを排除して編集される予定だ。つまりイラン当局にとっては、『LOST』が描く精神的探究の旅よりも、エバンジェリン・リリー(ケイト役)のビキニ姿が問題だったということ。おそらく闇市場は今後も盛況だろう。

 余談だが、イランの視聴者に『24―TWENTY FOUR―-』をどう思うかもぜひ聞いてみたい。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2009年09月14日(月)18時47分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 14/09/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日中韓首脳宣言に反発 非核化議論「主権侵害

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

パプアニューギニア地滑り、2000人以上が生き埋め

ビジネス

EU、輸入天然ガスにメタンの排出規制 30年施行
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story