コラム

未来志向と伝統回帰が混ざり合う街の不思議

2013年07月08日(月)10時27分

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ

〔7月2日号掲載〕

 ニューヨークやロンドン、パリといった世界の大都市を訪ねると、出会うのはたいていリベラルな人たちだ。でも東京は違う。どういう人と出くわすか予測が付かない。とても未来志向な人もいれば、過去にとらわれたままの人もいる。

 東京は世界一リベラルな都市なのか、それとも世界一保守的な都市なのか。いや、その両方なのか!

 先日、伝統的なスタイルの結婚披露宴に出席した際、私はある出席者と、とてもリベラルな会話を英語で交わした。日本企業はもっと世界に門戸を開き、変化を受け入れるべきだと、彼は熱弁した。私たちが話している間も、その部屋では堅苦しい敬語だらけのスピーチが続いていた。そして伝統的な披露宴に少し国際色を添えた外国人の私も、日本語で堅苦しい祝辞を述べることに。やはり東京のリベラルと保守の関係はややこしい。

 アジアで、東京ほど外国人に居心地がいい街はたぶんない。と同時に、東京ほど外国人が奇妙な体験をする街もたぶんない。なにしろ、ある日は見知らぬ人から英語で突然話し掛けられたかと思うと、次の日には混んだ電車で自分の隣の席だけがポツンと空いていたりもする。

 アメリカの場合、都会はリベラルで、田舎は保守的と、だいたい決まっている。なのに東京には、リベラルな面と保守的な面が同居しているように見える。

 例えば、東京の女性はとても元気だ。教育レベルが高く、洗練されていて、強い意志を持っている。ところが、女性が企業で高い地位に上り詰めることが東京ほど難しい大都市も珍しい。私の目には、女性が東京をリベラルにし、男性が東京を保守的にしているように見える。

 女性は海外に出てリベラルな発想を身に付け、男性は東京にとどまって会社で働き続け、保守的になっていくのか? それなら、結婚率の低さも納得がいく。

 東京の住人は、男女を問わず新しいもの好きに見える。東京ほど多様な商品が売られていて、食事やレジャーの選択肢が多い街はない。その意味で、東京は世界有数のリベラルな都市と言えるだろう。

 ところが、シャンパンに始まりひげ剃りに至るまで、外国からやって来る新製品はしばしば、日本の伝統を前面に押し出した宣伝の仕方をされる。CMの舞台が紅葉の寺だったり、着物姿の若い女性が登場したり。新しい経験の刺激を伝統の安心感で中和しようというのだろうか。未来に向けて一歩進むごとに、過去への郷愁が湧いてくるかのようだ。

 猛烈な変化に対する東京の人たちの適応力には目を見張らされるが、その半面で社会の核を成す文化的価値観は何百年も変わっていないようにも思える。

■過去と未来のシーソーゲーム

 不思議なのは、私の周囲には筋金入りの保守的な政治観の持ち主が1人もいないのに、選挙では右派の政治家がいつも当選することだ。東京の人たちは、表向きはリベラルに振る舞い、心の中では保守的な考え方を持っているのか?

 東京で十数年暮らすうちに、私は何がリベラルで、何が保守的なのか、分からなくなってしまった!

 同性愛者の権利を訴えるパレードがあり、進歩的な教育改革が行われている都市で、政治家が右派的な発言で物議を醸し、近隣諸国への反感に駆られた抗議デモが行われている。でも、そういう右派の人たちも、デモの帰りに韓国焼き肉や中華料理を食べるときがあるに違いない。

 東京の住人は、過去へ引っ張られる強い力と、コスモポリタン的未来へ引っ張られる強い力の両方を感じている。

 こうして過去と未来のシーソーゲームが繰り返されているからこそ、この街が風変わりで、面白いのかもしれない。変化を拒む保守的な一面を見ていることで、リベラルな私は東京の進歩的な一面を一層魅力的に感じるのだろう。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ビジネス

中国銀行部門、来年は2─3%の増益 今年は7%の減

ビジネス

東証とJPXに業務改善命令、CEO「真摯かつ厳粛に

ワールド

11月の独時短制度利用企業、28%に 一部ロックダ

ビジネス

自民・経済対策提言、ポストコロナ研究で基金10兆円

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 4

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 5

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元…

  • 9

    中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

  • 10

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!