コラム

「財政タカ派」の新首相の本当の課題は増税ではない

2011年09月01日(木)18時33分

 野田佳彦新首相が誕生した。彼は前財務相であり、民主党の代表選挙ではただひとり増税を明言して「財務省の組織内候補」とも揶揄された。彼は「財政タカ派」として知られ、6月にまとまった「社会保障と税の一体改革」を実現することが「最大の使命」だと強調している。しかし一体改革には与党内の抵抗が強く、閣議決定さえできなかった。今後の与野党協議を経て法案化する道のりも不透明だ。

 最大の政治的障害は、消費税の増税である。民主党の代表選挙でも、野田氏以外の候補者は増税に慎重論を唱え、「経済成長が先だ」とか「不況で増税すると景気が悪くなる」などと主張した。一体改革でも「2015年度」としていた増税の時期も党内調整が難航して、最終案では「2010年代半ば」とぼかされた。与野党の議論も、増税の是非に集中している。

 しかし、これは間違った争点である。一体改革の成案で打ち出された社会保障の拡充には、効率化しても約2.7兆円の財源が必要だ。この他に基礎年金の国庫負担を1/2に維持するために2.5兆円の財源が必要で、増税がなければ社会保障の拡充も不可能だ。今の社会保障の水準を維持するだけでも毎年1兆円ずつ歳出が増えるので、5%程度の増税では足りない。

 ところが与野党ともに「増税反対」の声は強いが、歳出削減の具体策はない。民主党は2009年の総選挙で「無駄の削減」によって増税しなくても財政は再建できるという夢物語を語ったが、事業仕分けで削減できたのは1兆円にも満たない。誰の目にも無駄な歳出というのはほとんどなく、歳出には必ずサービスがともなっているのだから、歳出を削減するにはサービスを削減するしかないのだ。

 中でも最大の歳出は、社会保障である。特に年金特別会計は500兆円以上の「隠れ借金」を抱え、実質的に破綻している。厚生労働省は「年金会計は破綻しない」という建て前をとっているが、これは同語反復である。今後、急速に増加する年金支給額をまかなうためには、年金保険料をどんどん引き上げ、足りない分は一般会計から補填すればいい。歳出が増えたら、際限なく増税すれば財政の帳尻は合う。

 問題は、そういう負担増が政治的に可能なのかということだ。今のまま歳出が増えてゆくと、最終的には国民負担率は50%を超え、所得の半分以上が税と社会保険料で取られることになる。消費税率は30%以上にする必要がある。しかも20年ぐらい後にそういう大増税がくるとき、受益者である高齢者の多くは世を去っており、現役世代は負担だけが増える。

 つまり社会保障の本質的な問題は、世代間格差なのだ。しかも日本は、この格差が世界一大きい。『経済財政白書』の推定でも、60歳以上の高齢者の生涯の受益額は負担額より5700万円多い受益超過なのに対して、今年生まれた子供は逆に4200万円の負担超過と、世代間格差は1人1億円近い。

 だから増税か否かというのは無意味な争点であり、増税か社会保障の削減かを真剣に論じなければならないのだ。しかし政治家も官僚も、社会保障にはまったく手をつけようとしない。これは政治的には正しい戦術である。社会保障を削減したら、最大の票田である高齢者の支持を失うからだ。彼らを情報源とするマスコミも、この問題にはふれないで増税をめぐる与野党の駆け引きばかり報じている。

 しかし、このまま問題を先送りしていると財政が破綻し、いま欧州で起きているような高金利とインフレと大量失業が起こるおそれがある。最大の問題は(自民党も必要性を認めている)増税ではなく、高齢者に迎合して拡大を続ける社会保障なのだ。これをタブーにしている限り、消費税を10%にしたぐらいではプライマリーバランス(基礎的財政収支)の赤字は縮まらず、財政危機は深刻化する一方である。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

ニュース速報

ワールド

日本政府、コロナのため五輪中止が必要と非公式に結論

ワールド

ポンペオ氏らへの中国制裁、バイデン政権は強い対応を

ワールド

米上院共和党トップ、弾劾裁判の準備にトランプ氏に2

ワールド

中国、3カ月ぶりにアフリカ豚熱の感染確認

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!