コラム

ハックされた世界秩序とサイバー・ドラゴンの台頭

2017年11月01日(水)18時00分
ハックされた世界秩序とサイバー・ドラゴンの台頭

Larry Downing-REUTERS

<サイバー攻撃が世界秩序を揺るがし、変えてしまうと唱える二人の著者、『ハックされた世界秩序』のアダム・シーガル、『サイバー・ドラゴン』のディーン・チェンに話を聞いた>

雑誌『フォーリン・アフェアーズ』の発行で知られる米国ニューヨークの外交問題評議会(CFR)でサイバーセキュリティを研究するアダム・シーガルは、最近出版した著書『ハックされた世界秩序(The Hacked World Order)』で数々のサイバー攻撃の事例を紹介している。そして、それらが世界秩序をハックすることになっているという。サイバー攻撃が世界秩序を揺るがし、変えてしまうことになりかねないというのだ。

シーガルは7月31日に『ニューヨーク・タイムズ』紙でカタールをめぐるフェイクニュースにも言及している。UAE(アラブ首長国連邦)の支援を受けた者がカタール政府のニュース・サイトやソーシャル・メディアのサイトにサイバー攻撃をかけ、カタールの指導者がイラン、ハマス、イスラエルを賞賛しているという偽ニュースを発信した。それを信じた周辺諸国がカタールと断交した。

外交問題評議会のオフィスでシーガルにさらに話を聞くと、フェイクニュースは必ずしも新しいものではないという。昔からデマはさまざまなところで流されてきた。しかし、現代のデジタル・メディアを使ったフェイクニュースはスケールが違う。デジタル・メディアがなかった時代にはどこか新聞一紙が虚偽の記事を書いたとしても、他の新聞やテレビがそれを確認できなければ後追いすることはなかった。新聞記者は訂正記事を出すことを恐れている。外部からのプレッシャーだけでなく、新聞社内部からのプレッシャーも強いからだ。

しかし、デジタル・メディアではフェイクニュースが一気に拡散し、それを追いかける否定や訂正ニュースの力ははるかに弱い。ネズミとネコの追いかけっこのようなものでキリがない。ヒラリー・クリントン元米国務長官は、インターネットのコントロールはゼリーのようなもので、なかなかうまくいかないと指摘していたという。

政策課題としての位置が下がったサイバーセキュリティ

そして、ドナルド・トランプ政権になったことで、インターネットやサイバーセキュリティはもはや重要な政策課題ではなくなっているともいう。国連総会の第一委員会で議論していたサイバー問題の政府専門家会合(GGE)についても、トランプ政権は重要視せず、合意に至らなくても良いという態度だった。トランプ政権としては、欧州や日本など有志の国々と協力ができれば良いという。

【参考記事】米国大統領選挙を揺さぶった二つのサイバーセキュリティ問題

サイバーGGEを主導してきたのはロシアだったが、ロシアによる2016年の米国大統領選挙介入が明らかになったことで、ロシアに対する警戒感が高まった。ロシアとサイバーセキュリティで合意できることなどないという雰囲気もあるようだ。実際、米国政府は、ロシアのカスペルスキー・ラボが提供する製品・サービスを米国政府機関では使用禁止にした。2018年の中間選挙、2020年の次の大統領選挙をどう守るかという議論が米国政府内では始まっている。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

ニュース速報

ワールド

米つなぎ予算が失効、政府機関が一部閉鎖 上院で合意

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基礎知識

  • 4

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    インドの新型ICBMで「中国全土が核攻撃の射程内」

  • 10

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!