コラム

現代の模範村、中国・烏鎮(ウーチン)で開かれた世界インターネット大会

2018年11月14日(水)16時50分

中国・烏鎮で開催された第5回世界インターネット大会 撮影:土屋大洋

<2014年から中国・烏鎮で開催されてきた世界インターネット大会の5回目が開かれた。集団的ガバナンス=集体治理を主張する中国の意図とは......>

1964年の中国で「農業は大寨に学べ」というスローガンが叫ばれたことがあった。山西省にあった村・大寨(ダイサイ)が毛沢東時代の模範村として位置づけられて宣伝に使われたのだ。

上海から車で2時間走ったところにある浙江省の烏鎮(ウーチン)を訪ねたとき、中国の理想とする農村はこういうところなのかと目を見張った。道の両側に田畑がきれいに整備され、作物が豊かに実り、花が咲き乱れている。11月初旬で肌寒いのに、稲はさほど実っておらず、キャベツなどの野菜も青々として整然と並んでいるところが人工的に作られている印象を与えるが、全体によく整備されている。「村委会(村民委員会)」と書かれた建物やレストラン、宿屋などもある。

もともと烏鎮は水郷の里として知られていて、中国のベネチアとも呼ばれる。今はその歴史的建造物が残る部分が一種のテーマパークになっており、150元(約2500円)で見学できるようになっている。内部には民宿も整備されていて、川沿いに並ぶ中国の昔ながらの建物に宿泊することができる。

IMG_6822d.JPG

中国人のノスタルジーを刺激する昔ながらの風景を示すとともに、全体によく整備されている

IMG_7146e.JPG

中国のベネチアとも呼ばれる烏鎮

第5回世界インターネット大会

ふだんは観光客でごった返すという烏鎮だが、11月7日は観光客が締め出された。土産物屋やレストランは閑散としており、従業員は暇そうにスマホをいじっている。村を歩く人たちのほとんどは首から青いネームタグをぶら下げており、村のあちこちに青い制服を来た若い女性たちが案内に立っている。

この日、隣接する国際会議場・烏鎮互連網国際会展中心で世界インターネット大会(烏鎮サミット)が開幕式を迎えた。第1回が2014年に開かれ、今年が5回目である。第1回開幕時にはなかったという烏鎮互連網国際会展中心だが、第2回からは烏鎮サミットの恒久的な開催場として定められたという。「恒久的っていつまでやるつもりなんだ」と隣にいた中国人に聞くと、「まあ、中国は政権が変わるといろいろ変わるから」と苦笑いしていた。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story