コラム

サイバー攻撃が、現実空間に大被害をもたらしたと疑われる二つの事例

2015年08月20日(木)15時31分
サイバー攻撃が、現実空間に大被害をもたらしたと疑われる二つの事例

写真は2009年ロシアのパイプライン爆発 REUTERS/Denis Sinyakov

 本当にサイバー攻撃だったのか、有名だが、専門家を悩ませる事例が二つある。

 冷戦さなかの1980年代はじめ、フランスのインテリジェンス機関である国土監視局(DST)が、「フェアウェル」という暗号名のスパイを抱えていた。彼の正体はソビエト連邦の国家保安委員会(KGB)の大佐だった。フェアウェルがフランスに渡した文書のコレクションは「フェアウェル文書」と呼ばれたが、フランソワ・ミッテラン仏大統領とロナルド・レーガン米大統領の話し合いにより、米国の中央情報局(CIA)に渡された。

 フェアウェル文書はCIAを大混乱に陥れた。それは、ソ連のスパイが米国や西欧の研究機関や工場、政府機関に多数浸透していることを示していたからである。そして、日本を含む西側諸国の最先端技術をソ連が大量に盗み出していることも分かった。

 その中に興味深い文書が入っていた。KGBの「ショッピングリスト」、つまり、KGBが欲しがっている技術・製品のリストである。米国国家安全保障会議(NSC)のスタッフだったガス・ワイスがフェアウェル文書を読むことを許され、ソ連のショッピングを助けてやろうと考えた。しかし、ソ連が手に入れるソフトウェアとハードウェアは、本物そっくりだが、特別な細工を施すことにした。ワイスの計画は1981年の12月にビル・ケーシーCIA長官に伝えられ、翌1982年1月にレーガン大統領に提示された。レーガン大統領は大いに乗り気でケーシー長官に許可を与えた。しかし、これに関する公式文書は残されていない。

 ソ連のショッピングリストのトップにあったのが、天然ガスをシベリアからはるばる西欧へ送り込むシベリア横断パイプラインのための設備だった。パイプラインはソ連にとって外貨獲得の切り札だった。しかし、そのためには、バルブ制御、コンプレッサー、貯蔵設備を自動化するための高度な制御システムが必要だった。そのソフトウェアをソ連は米国から購入しようとしたが、拒絶されていた。そこで、カナダ企業から必要なコードを盗むためにKGBの工作員を送り込んだ。それに気づいていたCIAとカナダ企業が協力し、細工されたソフトウェアがソ連に盗まれるように仕向けた。

 当初は、盗んできたソフトウェアとハードウェアはうまく作動した。しかし、徐々にシステムはおかしな動きをするようになり、最終的には、核によらない爆発としては最大規模の爆発をシベリアで引き起こした。計画を知らなかった米軍とNSCのスタッフはミサイル発射か核兵器の爆発かと誤解したが、そうではなかった。この爆発による人的な被害はなかったが、ソ連経済には大きなダメージとなった。他にも細工されたソフトウェアとハードウェアが、ソ連の産業基盤を崩し、ソ連邦の崩壊の一因となったという見方もある。

 このソ連のシベリア横断パイプラインの事例は、他の文書によっては認められていない。トーマス・C・リードという元NSCのスタッフが、ガス・ワイスの非公開メモを参照しながら自身の回顧録(『At the Abyss』)に書いているだけである。そのため、その信用度には問題があるとされている。中心人物だったワイスは2003年に不審な自殺を遂げている。

2008年、トルコでパイプラインが爆発した

 もう一つの疑わしきサイバー攻撃の事例は2008年にトルコで起きた。

 アゼルバイジャンのバクー、ジョージア(グルジア)のトビリシ、そしてトルコのジェイハンをつなぐ原油パイプラインは、それぞれの都市の頭文字をとってBTC(Baku-Tbilisi-Ceyhan)パイプラインと呼ばれている。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『情報による安全保障』(慶應義塾大学出版会)、『ネットワーク・パワー』(NTT出版)、『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房)などがある。

ニュース速報

ビジネス

英金融機関、EU離脱で「パスポート」失うリスク=仏

ワールド

欧州委員会、英出身で金融担当のヒル委員が辞任 

ビジネス

EU外相らが英国に早期離脱求める、独首相は性急な動

ビジネス

英格付け、国民投票受け見通しを「ネガティブ」に=ム

MAGAZINE

特集:英国はどこへ行く?

2016-6・28号(6/21発売)

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  4. 4

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  9. 9

    安倍首相、消費増税再延期へ、サミットで経済状況リーマン級の危機と各国に説明

    財政出動への支持取り付けと消費増税延期への地な…

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  8. 8

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  9. 9

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  10. 10

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  7. 7

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  8. 8

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  9. 9

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう