コラム

サイバー攻撃が、現実空間に大被害をもたらしたと疑われる二つの事例

2015年08月20日(木)15時31分
サイバー攻撃が、現実空間に大被害をもたらしたと疑われる二つの事例

写真は2009年ロシアのパイプライン爆発 REUTERS/Denis Sinyakov

 本当にサイバー攻撃だったのか、有名だが、専門家を悩ませる事例が二つある。

 冷戦さなかの1980年代はじめ、フランスのインテリジェンス機関である国土監視局(DST)が、「フェアウェル」という暗号名のスパイを抱えていた。彼の正体はソビエト連邦の国家保安委員会(KGB)の大佐だった。フェアウェルがフランスに渡した文書のコレクションは「フェアウェル文書」と呼ばれたが、フランソワ・ミッテラン仏大統領とロナルド・レーガン米大統領の話し合いにより、米国の中央情報局(CIA)に渡された。

 フェアウェル文書はCIAを大混乱に陥れた。それは、ソ連のスパイが米国や西欧の研究機関や工場、政府機関に多数浸透していることを示していたからである。そして、日本を含む西側諸国の最先端技術をソ連が大量に盗み出していることも分かった。

 その中に興味深い文書が入っていた。KGBの「ショッピングリスト」、つまり、KGBが欲しがっている技術・製品のリストである。米国国家安全保障会議(NSC)のスタッフだったガス・ワイスがフェアウェル文書を読むことを許され、ソ連のショッピングを助けてやろうと考えた。しかし、ソ連が手に入れるソフトウェアとハードウェアは、本物そっくりだが、特別な細工を施すことにした。ワイスの計画は1981年の12月にビル・ケーシーCIA長官に伝えられ、翌1982年1月にレーガン大統領に提示された。レーガン大統領は大いに乗り気でケーシー長官に許可を与えた。しかし、これに関する公式文書は残されていない。

 ソ連のショッピングリストのトップにあったのが、天然ガスをシベリアからはるばる西欧へ送り込むシベリア横断パイプラインのための設備だった。パイプラインはソ連にとって外貨獲得の切り札だった。しかし、そのためには、バルブ制御、コンプレッサー、貯蔵設備を自動化するための高度な制御システムが必要だった。そのソフトウェアをソ連は米国から購入しようとしたが、拒絶されていた。そこで、カナダ企業から必要なコードを盗むためにKGBの工作員を送り込んだ。それに気づいていたCIAとカナダ企業が協力し、細工されたソフトウェアがソ連に盗まれるように仕向けた。

 当初は、盗んできたソフトウェアとハードウェアはうまく作動した。しかし、徐々にシステムはおかしな動きをするようになり、最終的には、核によらない爆発としては最大規模の爆発をシベリアで引き起こした。計画を知らなかった米軍とNSCのスタッフはミサイル発射か核兵器の爆発かと誤解したが、そうではなかった。この爆発による人的な被害はなかったが、ソ連経済には大きなダメージとなった。他にも細工されたソフトウェアとハードウェアが、ソ連の産業基盤を崩し、ソ連邦の崩壊の一因となったという見方もある。

 このソ連のシベリア横断パイプラインの事例は、他の文書によっては認められていない。トーマス・C・リードという元NSCのスタッフが、ガス・ワイスの非公開メモを参照しながら自身の回顧録(『At the Abyss』)に書いているだけである。そのため、その信用度には問題があるとされている。中心人物だったワイスは2003年に不審な自殺を遂げている。

2008年、トルコでパイプラインが爆発した

 もう一つの疑わしきサイバー攻撃の事例は2008年にトルコで起きた。

 アゼルバイジャンのバクー、ジョージア(グルジア)のトビリシ、そしてトルコのジェイハンをつなぐ原油パイプラインは、それぞれの都市の頭文字をとってBTC(Baku-Tbilisi-Ceyhan)パイプラインと呼ばれている。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『情報による安全保障』(慶應義塾大学出版会)、『ネットワーク・パワー』(NTT出版)、『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房)などがある。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 3

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 4

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 10

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!