最新記事

英王室

キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

2022年9月22日(木)17時48分
キャサリン・アルメシン
キャサリンとメーガン

2人が視線を合わせる場面はほぼ見られなかった(写真は9月14日) REUTERS/Alkis Konstantinidis/Pool

<キャサリン妃の「相手を締め出す」ような視線を受け、メーガン妃は「哀れな子犬」のような仕草を見せていたとボディランゲージ専門家は分析>

イギリスの故エリザベス女王の逝去を受けて、2年以上ぶりに揃って公式の場に姿を見せたウィリアム皇太子夫妻とヘンリー王子夫妻。だが、キャサリン皇太子妃(40)は「冷ややかな」視線を浴びせてメーガン妃(41)を拒絶したと、ボディランゲージ専門家は分析している。

■【動画】拒絶するような冷え切った目でメーガン妃を見るキャサリン妃

「事件」が起きたのは、女王の死去から2日後の9月10日。2人がそれぞれの夫であるウィリアム皇太子(40)とヘンリー王子(38)と共に、ウィンザー城の外に追悼のために集まった市民の前に現れたときのことだ。

その模様を捉えた動画では、キャサリン皇太子妃はカメラに気付いて微笑み、手を振る。だがその直前に、メーガン妃を「ぞっとする」ような視線でにらみつけているように見えるのだ。オーストラリアのニュースサイト「7NEWS」は、一部の王室ファンのそんな声を報じた。

いつもの自信に満ちた態度と違って、メーガン妃は始終「落ち着かない」様子だと、ボディランゲージ・リレーションシップ専門家のカティア・ロワゼル(本人のウェブサイトによれば、20年前からメディアで活躍する著述家でもある)は7NEWSで指摘している。

ロワゼルに言わせれば、ウィリアム皇太子は弟の妻を迎え入れて交流しようとする素振りをみせているが、キャサリン皇太子妃の視線は相手を「締め出そう」としているかのようだ。

メーガンの不安や困惑を示す仕草

また、キャサリン皇太子妃のほうを何度も見るメーガン妃に対して、キャサリン皇太子妃は「見透かす」ような目つきをしている。これは2人の間に「内在する緊張」を示しているという。

メーガン妃を見るとき、キャサリン皇太子妃はこわばった姿勢で目を据え、口を結んでいると、ロワゼルは指摘する。

「メーガンは明らかに驚き、戸惑った様子だ。横にずれてケイトから遠ざかり、体の重心を移し、かすかにうつむいている。不安や困惑をさらに示唆するのが、あいまいでためらいがちな身振りに加えて(自分の顔や体に触れて安心しようとする)自己親密行動をしている点だ」

おずおずと腕を持ち上げて手を振ろうとしたメーガン妃が、動きを止めて髪を直すしぐさに、ロワゼルは注目する。群集に小さく手を振る前には、目を伏せている。

画像の1つでは、片方の腕を体の前に回して、もう片方の腕をつかもうとするようなしぐさをしている。ロワゼルによれば、これは自分を守ろうとするジェスチャーであり、「確信のなさや不安」の表れだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

モルガンS、アジア投資銀行部門で少なくとも50人削

ワールド

焦点:少子化財源に日銀ETF活用案、支援金巡り「埋

ワールド

パレスチナ国連加盟、審査委が勧告で合意できず

ワールド

米最高裁、議会襲撃巡り罪の一部に懐疑的 トランプ氏
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中