最新記事

キャリア

1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

2017年5月25日(木)20時41分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

EzumeImages-iStock.

<オバマもアサンジもザッカーバーグも「内向型人間」。強みを活かせば、内向型でも成功できる。まずはその違いと、自分がどちらのタイプかを知ろう>

前米大統領のバラク・オバマ、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ、サッカー選手のミヒャエル・バラック、詩人でミュージシャンのボブ・ディラン、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ......。

これらの人物の共通点は何だろうか?

答えは――「内向型人間」。

ベルリン工科大学で言語学の博士号を取得し、コミュニケーションコーチや学者として活躍するシルビア・レーケンによれば、「才能や権力や画期的なアイデアや勇気や賢明さや魅力をもちあわせ、成功した人の多く」が内向型人間なのだという。

世の中には、内向型人間と外向型人間がいる。(異論はあるだろうが)おおざっぱに言えば、人付き合いが苦手な人と、人と関わるのが好きな人だ。

ただ、ここでレーケンが言っているのは、実は内向型人間のほうが外向型人間より優れている、ということではない。これらの人物が成功できたのは、自分の「内向性」と正面から向き合い、自分の強みを活かしてきたからだというのだ。

レーケンによれば、内向型人間は「自分は劣っている」とネガティブに思い込みがちだ。そこで、自らも内向型だという彼女は『内向型人間のための人生戦略大全』(岡本朋子訳、CCCメディアハウス)という本を書いた。

昇進、スピーチ、人脈づくり、パートナー探し、子育て、交渉事......と、人生のあらゆる場面で内向型の強みを活かすノウハウをまとめ、ドイツでベストセラーになったという。

ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第1回は「第1章 なぜ『内気』なのか」より。

◇ ◇ ◇

「内向型」か「外向型」かを知るための問い:どこからエネルギーを得ているか?


 あなたは、ストレスがたまって充電したいときにどうするか?

 答えは2つあります。1つ目は「人と会って充電する」です。私の夫はこのタイプです。疲れた日は友達と外出したり、サッカーをしたり、興味のある集会に参加したりします。こういう人は「外向型」の人です。2つ目の答えは「家にこもり、人と話をするのを避け、ひとりで充電する」です。私がこのタイプです。セミナーを開催した日の夜は、ホテルの部屋にこもり読書をします。親友と2人きりで会って、ゆっくりと話をすることもあります。3日間のセミナーが終わったら半日はひとりでゆっくりすごさないと充電できません。私は典型的な「内向型人間」です。

「内向型人間」は、刺激の多い場所にいるとエネルギーを消耗します。刺激の多い場所とは、同時にいろいろなことをしなければならない職場であったり、知らない人が大勢来たり、大音量で音楽が流れているパーティーであったりします(ヨナスもこういったパーティーは苦手です)。「内向型人間」はこういう場所にいると逃げ出したい衝動にかられます。一方「外向型人間」は刺激の多い場所が大好きです。エネルギーを得られるからです。彼らはひとりにされたり、単調な生活が続いたりすると、新たな刺激や気晴らしを求めます。たとえば図書館や病院のベッドやオフィスにひとりでいると人と話ができる場所が恋しくなります(カフェや休憩所、あるいは携帯電話やWi-fi が可能な場所を探し求めます)。ただしオフィスではとりあえず電話をしたり、インターネットを見たりすることができるので、「外向型人間」もなんとか我慢できるでしょう。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中