最新記事

中朝関係

朝韓間の経済交流即時無効を北朝鮮が――中国新華社が速報

2016年3月11日(金)15時52分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

中国が「ならず者」「あの若い奴」として警戒する金正恩(3月9日、核開発の専門家を訪れて) KCNA-REUTERS

 3月10日午前10時40分、新華社からの速報が入った。北朝鮮と韓国のあらゆる経済交流協定がこの時点から完全に無効になると。中国は北朝鮮からの石炭輸入を3月1日から停止させた。中国政府とネットユーザーの声を拾ってみよう。

北朝鮮の報道官の発言を伝える新華社の速報

 3月10日午前10時40分、新華社からの速報が入った。見れば「北朝鮮と韓国の間のすべての経済協力協定は、ただいま即刻、完全に無効になる」という知らせだ。北朝鮮のメディアが伝えたのだという。朝鮮祖国統一和平委員会の報道官が伝えた、とだけしか書いていない。

 ただ、ここから分かるのは、中国政府にとって、いかに朝鮮半島問題が切実かという事実だ。

 動きを追わなければと思っているまもなく、その7分後の10時47分、中央テレビ局CCTVのネットにある「中央電視台新聞センター官報微博(ウェイボー、Weibo)」から、たくさんのネットユーザーのコメントが、筆者の携帯に飛びこんできた。(このページは、もしかしたらアクセスできないかもしれない。その節はお許しいただきたい。)

 時々刻々増えていくので、すべてをフォローはできないが(最初に入って来た時点と、本コラムの読者の方々がクリックなさる時点では、状況は異なっていると思うが)、以下のようなコメントが気になった。( )内は筆者。

●誰を脅しているつもりなんだい? 地縁があるからといって恥知らずにも強引に中国を道連れにして(1950年に金日成が強引に中国を朝鮮戦争に巻き込んだことを指す)、我が国の利益を侵害しておきながら、さらに恥知らずにもあれを打ちのめしてやる、これを発射してやると叫びまくる。穴だらけのボロボロの鉄で、何ができると思ってるんだい?(中略)朝鮮半島の長年の平和は、(朝鮮戦争のときの)中国人民志願軍の鮮血と命で得たものじゃないか!こんな奴に壊されてたまるか!このろくでなしは、一度、痛い目に遭わせてやらなきゃ!

●ならず者、国家!

●中国は、主人に咬みつく犬を養ってしまったようだ。

●(中国は)さっさと出兵して、この妖怪(悪党)をやっつけなきゃ。(中国東北の)吉林省が管轄すればいいんだよ。

●あいつ、なに様だ! 失うものがないから、怖いもの知らずなんだろう。

ニュース速報

ビジネス

中国の長城汽車、フィアット・クライスラー買収に関心

ビジネス

ドイツ経済、今年の成長率は従来予想を上回る可能性も

ワールド

駐ロ米大使館、ビザ発給を大幅に縮小へ 外交官削減要

ワールド

トルコとイラン、クルド人武装勢力対策で軍事協力へ

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 6

    「ユダヤ人はシャワーを浴びろ」でスイスのホテルが…

  • 7

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!---…

  • 8

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本…

  • 9

    「トランプおろし」はあるか、アメリカ大統領失職の…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月