最新記事

中朝関係

朝韓間の経済交流即時無効を北朝鮮が――中国新華社が速報

2016年3月11日(金)15時52分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

中国が「ならず者」「あの若い奴」として警戒する金正恩(3月9日、核開発の専門家を訪れて) KCNA-REUTERS

 3月10日午前10時40分、新華社からの速報が入った。北朝鮮と韓国のあらゆる経済交流協定がこの時点から完全に無効になると。中国は北朝鮮からの石炭輸入を3月1日から停止させた。中国政府とネットユーザーの声を拾ってみよう。

北朝鮮の報道官の発言を伝える新華社の速報

 3月10日午前10時40分、新華社からの速報が入った。見れば「北朝鮮と韓国の間のすべての経済協力協定は、ただいま即刻、完全に無効になる」という知らせだ。北朝鮮のメディアが伝えたのだという。朝鮮祖国統一和平委員会の報道官が伝えた、とだけしか書いていない。

 ただ、ここから分かるのは、中国政府にとって、いかに朝鮮半島問題が切実かという事実だ。

 動きを追わなければと思っているまもなく、その7分後の10時47分、中央テレビ局CCTVのネットにある「中央電視台新聞センター官報微博(ウェイボー、Weibo)」から、たくさんのネットユーザーのコメントが、筆者の携帯に飛びこんできた。(このページは、もしかしたらアクセスできないかもしれない。その節はお許しいただきたい。)

 時々刻々増えていくので、すべてをフォローはできないが(最初に入って来た時点と、本コラムの読者の方々がクリックなさる時点では、状況は異なっていると思うが)、以下のようなコメントが気になった。( )内は筆者。

●誰を脅しているつもりなんだい? 地縁があるからといって恥知らずにも強引に中国を道連れにして(1950年に金日成が強引に中国を朝鮮戦争に巻き込んだことを指す)、我が国の利益を侵害しておきながら、さらに恥知らずにもあれを打ちのめしてやる、これを発射してやると叫びまくる。穴だらけのボロボロの鉄で、何ができると思ってるんだい?(中略)朝鮮半島の長年の平和は、(朝鮮戦争のときの)中国人民志願軍の鮮血と命で得たものじゃないか!こんな奴に壊されてたまるか!このろくでなしは、一度、痛い目に遭わせてやらなきゃ!

●ならず者、国家!

●中国は、主人に咬みつく犬を養ってしまったようだ。

●(中国は)さっさと出兵して、この妖怪(悪党)をやっつけなきゃ。(中国東北の)吉林省が管轄すればいいんだよ。

●あいつ、なに様だ! 失うものがないから、怖いもの知らずなんだろう。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    トランプ当選の可能性はもうゼロではない

  • 6

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 7

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 8

    Jリーグ、そして東京オリンピックで活躍が期待される「スマートスタジアム」とは

  • 9

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 10

    AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著)

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月