最新記事

中国

「人民よ、いもを食べろ!」中国じゃがいも主食化計画のワケ

2016年3月4日(金)13時42分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

 だったら水が豊富な南部から運んでこようと、巨大土木プロジェクト「南水北調」計画が実施された。長江の水を北部まで運ぶ用水路を作る壮大な計画だが、5000億元(約8兆7000億円)という巨額の建設費を考えるとペットボトルの水よりも高くつくとの試算まである。それでも作ったのならば使うしかないが、際限なく使い続ければ、南部の水資源まで危うくしてしまう。

 そこで栽培にあまり水を必要としないじゃがいもを栽培すれば、「農業用水逼迫の圧力を軽減し、農業生態環境を改善し、永続的な水資源利用を実現しうる」(指導意見)というわけだ。まるで戦時を思わせる「じゃがいも主食化」計画だが、水不足の深刻さはまさに戦争並みと言えるかもしれない。

中国共産党は人民の胃袋を支配できるか

 水不足対策という中国政府の思いはよく分かるのだが、問題は国民がじゃがいもを主食としてくれるかどうかにかかっている。千切り炒めをはじめ中華料理にはさまざまなじゃがいも料理があるが、あくまで「野菜の一種」というのが大多数の中国人の感覚だ。主食としていもをもりもり食べろと言われると抵抗感は強い。

 SNSをのぞくと「じゃがいもは好きだけど毎日はちょっと」「米食わないと食事した気にならないんよ」「やっぱり米が好き」「2020年にはじゃがいも生産過剰のニュースで持ちきりになってるだろうな」といった否定的な反応が目立つ。

 そこで、じゃがいもの生産量を増やすだけではなく、消費量を増やす取り組みも始まっている。中国農業部は2015年にじゃがいも入りマントウ(蒸しパン)の開発成功を発表した。じゃがいも30%、小麦粉70%という配合なのだとか。一般販売を開始したというが、まったく普及してはいないようだ。

 そこで今年6月に雲南省昆明市で開催される中国国際イモ業博覧会では「じゃがいも美食百選」なるコンテストが開催される。じゃがいもを主成分とした麺や餃子、パンなどの主食、さらに飲料やデザートなどのレシピを募集するというもの。果たして中国人の胃袋を満足させるメニューは登場するのだろうか。

 絶大な権力を誇る中国共産党だが、果たして人民の胃袋をもコントロールする力を持っているのだろうか。わずか4年後にはその成否が明らかになる。もしじゃがいも主食化計画が成功したならば......。2020年には私たちが想像するものとはまったく別の中華料理が誕生しているかもしれない。

[筆者]
高口康太
ジャーナリスト、翻訳家。1976年生まれ。千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。独自の切り口から中国・新興国を論じるニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。著書に『なぜ、習近平は激怒したのか――人気漫画家が亡命した理由』(祥伝社)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの元スタバ、ラッパーら経営の「スターズ・コー

ワールド

中ロ首脳、11月のG20会議出席へ─インドネシア大

ワールド

韓国財政省、輸出下振れリスクや経済成長の鈍化を警戒

ワールド

プーチン氏、ウクライナ巡る情報戦に完敗─英情報機関

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 3

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 4

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 5

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 8

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 9

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 10

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    【写真】石を使って自慰をするサル

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月