最新記事

虐殺

「幽霊国家」が崩壊? 中央アフリカの異常事態

Murder and Mayhem in the 'Phantom State'

既に無秩序状態にある国で虐殺が拡大新たなテロの巣窟化に国連も警鐘を鳴らすが

2013年12月11日(水)17時03分
トリスタン・マコネル

 アフリカ大陸のど真ん中にある内陸国で、今また殺戮とレイプの連鎖による深刻な人道危機が起きている。

 多くの宗教が混在する中央アフリカ共和国で、少数派のイスラム系武装勢力が貧しい子供たちに武器を持たせ、「聖戦」の先頭に立たせようとしている。このままだと新たなジェノサイド(大虐殺)が起き、国そのものが空中分解しかねない。

 旧宗主国フランスは既に、首都バンギに治安維持の名目で400人の兵を駐留させており、さらに1000人規模の増派を準備している。事態を重く見た国連も現地に展開する平和維持部隊の強化を検討中だ。

 アフリカ連合からも既に中央アフリカ国際支援任務(MISCA)として2500人の兵士が送り込まれ、来年には3600人にまで増やすという。

 中央アフリカは、人呼んで「幽霊国家」。1960年の独立以来、相次ぐ動乱の歴史をたどり、残虐な独裁者や無能な政府が続き、いまだ国家としての体を成していないからだ。

 今回の紛争は、北部でイスラム教徒主導の反政府勢力セレカが武装蜂起した昨年12月に始まった。中央アフリカの人口の半分以上はキリスト教徒で占められ、イスラム教徒は全体の15%程度にすぎないが、セレカは今年3月にバンギを制圧しキリスト教徒のボジゼ大統領を失脚させた。9月にセレカの中心的指導者ミシェル・ジョトディアが暫定大統領に就任。1年半の移行期間を経て、15年までには総選挙を実施すると宣言した。

 しかしジョトディアが自らの地位の正統性を確保するためにセレカの武装解除を打ち出すと、政権奪取に貢献した戦士の多くが猛反発し、国内各地で暴れるようになった。ジョトディア自身、もはや傍若無人な武装集団の行動をコントロールできないと認めている。

ニュース速報

ビジネス

財務省・金融庁・日銀が定例会合、金融市場動向で情報

ビジネス

プラートECB専務理事、緩和措置維持する方針を堅持

ビジネス

独外相のEUへの拠出拡大案、ショイブレ財務相が批判

ビジネス

焦点:日銀総裁、長期金利ゼロ%の維持強調 期待上昇

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 3

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「異常で邪悪」

  • 4

    テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、で…

  • 5

    ISISのロンドン襲撃テロは時間の問題だった

  • 6

    ロンドンテロ:加速してくる暴走車と地獄を見た目撃者

  • 7

    籠池氏「国有地取得で政治的関与、首相夫人から寄付1…

  • 8

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 9

    DataRobot使ってAI予測モデル4000個完成。リクルート…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 2

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 3

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    来日したティラーソン米国務長官、同行記者1人、影響…

  • 8

    「日本はWi-Fi後進国、外国人が困っている」に異議あ…

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 3

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 7

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 8

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    ISISが中国にテロ予告

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月