最新記事

キャリア

働く女性の幸せのカギはオランダ流にあり

Going Dutch

マゾヒスティックなキャリア志向で必死のアメリカ女性とは大違い、パート勤務で余裕の私生活を楽しむ術

2011年1月7日(金)12時42分
ジェシカ・オリーン

 アメリカからオランダに来て約3カ月、私は予想外の発見をした。この国の女性たちと私はかなり異なる存在らしい──。

 私は自分のキャリアが今後、どうなっていくかが気掛かりで仕方ない。毎日のようにこれまでのキャリアを振り返っては、心の中で自分の働きぶりを手厳しく批判してしまう。

 私だけではなくアメリカに暮らす女友達の多くも、同じようなマゾヒスティックなキャリア志向の持ち主だ。ところが周囲にいるオランダの女性たちはキャリアアップにほとんどこだわっていない。半日の勤務を終えると、午後2時には友達とコーヒーを楽しむ生活を送っている。

 女性にとっての住みやすさを比べた国際ランキングでは、オランダは常に上位5位以内につけている。職場進出も盛んで、OECD(経済協力開発機構)によれば、オランダ女性の就業率は約70%に達する。だがフルタイムで働いているのは女性全体の10%に満たない。

 そしてオランダ女性はそうした現状に満足している。もっと長時間働きたい、もしくは今以上に責任のある仕事をしたいと望む女性は4%未満。昇進に有利になると言われても、大半の女性は勤務時間の延長を拒む。

 オランダ女性がパートタイム勤務を望む理由として、幼い子供の保育費用が高いことを挙げる人もいる。だが、パートタイム勤務の女性の62%に幼い子供はいない。おまけに子供たちが成長して独立しても、勤務時間を延長する女性はまずいない。

鬱にならない生き方の秘訣

 不思議な話だ。アメリカの場合、女性が目指すのはほぼ1つの方向のみ。ガラスの天井を突き破り、組織のトップに上り詰め、男と同じように尊敬の対象となり、男と同じだけの給料をもらうことだ。

 だが女性の幸福に関する複数の研究を見ると、職業や生き方の選択肢が広がり、経済的に自立しているにもかかわらず、アメリカ女性が以前よりも幸せになったとは言えないようだ。それどころか、情緒面では昔のほうが満たされていたらしい。

 オランダ女性をめぐる状況は他の国々と比べても非常に進歩的と言える。人工妊娠中絶の権利ははっきり認められているし、政界に進出する女性も多い。

 なのに女性の収入が世帯収入に占める割合は得てして小さい。オランダ女性の25%は経済的に自立していると言えるだけの額を稼いでおらず、収入の男女格差は欧州でもトップクラス。だがこれは女性がフルタイムで働いていないからであって、性差別の問題と結び付けて語られることはない。

 それどころか、女性は「パートタイムで働く権利」を守ることに強い関心を抱いている。00年には、勤務時間を短縮しても会社から不利な扱いを受けない権利を認める法律が制定された。

 デステントル紙の編集者マイケ・ファンルンベルフはこう語る。「経営の世界、つまり男の世界を見てオランダ女性はこう考える。ああ、望めばあんなこともできるのね。でも私は生活を楽しむほうを選ぼう、と」

ニュース速報

ビジネス

米FRB、来年は2回の利上げ実施の見通し=ブラック

ビジネス

英中銀、性急な利上げはリスク伴う=ハルデーン理事

ビジネス

ブレイナードFRB理事、「フィンテック」の恩恵とリ

ビジネス

米雇用者数、11月は17.8万人増 失業率は約9年

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだった

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    7年後はマイルで宇宙へ? ANAとHIS、有人宇宙機運…

  • 6

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    警官の集団墓地、石打ち、化学兵器──ISIS最大拠点モ…

  • 10

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 1

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系シンクタンクが分析

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 4

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 5

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    米国へ向かう中米移民急増 トランプ就任目前で駆け…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 6

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 7

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 8

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 9

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月