最新記事

キャリア

働く女性の幸せのカギはオランダ流にあり

Going Dutch

マゾヒスティックなキャリア志向で必死のアメリカ女性とは大違い、パート勤務で余裕の私生活を楽しむ術

2011年1月7日(金)12時42分
ジェシカ・オリーン

 アメリカからオランダに来て約3カ月、私は予想外の発見をした。この国の女性たちと私はかなり異なる存在らしい──。

 私は自分のキャリアが今後、どうなっていくかが気掛かりで仕方ない。毎日のようにこれまでのキャリアを振り返っては、心の中で自分の働きぶりを手厳しく批判してしまう。

 私だけではなくアメリカに暮らす女友達の多くも、同じようなマゾヒスティックなキャリア志向の持ち主だ。ところが周囲にいるオランダの女性たちはキャリアアップにほとんどこだわっていない。半日の勤務を終えると、午後2時には友達とコーヒーを楽しむ生活を送っている。

 女性にとっての住みやすさを比べた国際ランキングでは、オランダは常に上位5位以内につけている。職場進出も盛んで、OECD(経済協力開発機構)によれば、オランダ女性の就業率は約70%に達する。だがフルタイムで働いているのは女性全体の10%に満たない。

 そしてオランダ女性はそうした現状に満足している。もっと長時間働きたい、もしくは今以上に責任のある仕事をしたいと望む女性は4%未満。昇進に有利になると言われても、大半の女性は勤務時間の延長を拒む。

 オランダ女性がパートタイム勤務を望む理由として、幼い子供の保育費用が高いことを挙げる人もいる。だが、パートタイム勤務の女性の62%に幼い子供はいない。おまけに子供たちが成長して独立しても、勤務時間を延長する女性はまずいない。

鬱にならない生き方の秘訣

 不思議な話だ。アメリカの場合、女性が目指すのはほぼ1つの方向のみ。ガラスの天井を突き破り、組織のトップに上り詰め、男と同じように尊敬の対象となり、男と同じだけの給料をもらうことだ。

 だが女性の幸福に関する複数の研究を見ると、職業や生き方の選択肢が広がり、経済的に自立しているにもかかわらず、アメリカ女性が以前よりも幸せになったとは言えないようだ。それどころか、情緒面では昔のほうが満たされていたらしい。

 オランダ女性をめぐる状況は他の国々と比べても非常に進歩的と言える。人工妊娠中絶の権利ははっきり認められているし、政界に進出する女性も多い。

 なのに女性の収入が世帯収入に占める割合は得てして小さい。オランダ女性の25%は経済的に自立していると言えるだけの額を稼いでおらず、収入の男女格差は欧州でもトップクラス。だがこれは女性がフルタイムで働いていないからであって、性差別の問題と結び付けて語られることはない。

 それどころか、女性は「パートタイムで働く権利」を守ることに強い関心を抱いている。00年には、勤務時間を短縮しても会社から不利な扱いを受けない権利を認める法律が制定された。

 デステントル紙の編集者マイケ・ファンルンベルフはこう語る。「経営の世界、つまり男の世界を見てオランダ女性はこう考える。ああ、望めばあんなこともできるのね。でも私は生活を楽しむほうを選ぼう、と」

ニュース速報

ビジネス

タカタ再建計画、被害者より自動車メーカー優遇=米被

ビジネス

中国版ベージュブック、第2四半期は景気回復続く

ビジネス

アングル:新たな信用危機に見舞われる中国の中小企業

ビジネス

焦点:米自動車業界、すでに現れた「後退」の兆し

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月