最新記事

米軍

「ビンラディンの船」寄港に香港厳戒

ビンラディンを水葬にした米原子力空母の寄港で、報復テロへの警戒を強める地元警察

2011年5月24日(火)18時04分

ノーコメント 7000人の米兵が歓楽街を中心に上陸する(香港に寄港したカール・ビンソン) Siu Chiu-Reuters

 米原子力空母「カール・ビンソン」が香港に寄港した22日以降、香港警察は歓楽街などでの警戒を強めている。同艦は5月2日、国際テロ組織アルカイダの最高指導者ウサマ・ビンラディンの水葬を行った。それがイスラムの教えに反した行為だとイスラム教徒の反感を買っているからだ。

 カール・ビンソンと随行する支援艦は香港に4日間の日程で停泊。住民の間では報復テロへの懸念が高まっている。

 警察はランカイフォンやワンチャイなどの歓楽街を含む周辺地域で警備を強化した。これらの地域は、上陸する7000人の米海軍兵の多くが訪れるとみられていると、AFP通信は報じている。

 カール・ビンソンは香港ディズニーランドのあるランタオ島沿岸に停泊。25日に母港サンディエゴに向かう予定だ。

「怪しい人物や不審物が見つかれば、直ちに行動を取る。テロ攻撃を未然に防ぐため、細心の注意を払っている」と、香港警察の広報担当者はAFPに語った。現在のテロ警戒レベルは下から2番目の「並」になっていると、彼は言う。

海軍兵士には普通の儀式

 ジャーナリストたちは香港に滞在中の米海軍の兵士からビンラディン水葬についての情報を得ようと必死だが、兵士らにはかん口令が敷かれているという。

 同艦の機関兵ローレンス・メイヤーは、ビンラディン水葬のことは米CNNのニュースを見て初めて知ったと香港紙ザ・スタンダードに語っている。「驚いて口あんぐりだった。すごくショックだったよ」と彼は言った。

 艦上で記者会見を行ったサミュエル・ペレス司令官も水葬に関するコメントは拒否したが、香港滞在中の兵士の身の安全については懸念していないと話した。

「ここ香港でわれわれが取っている防護策は他の場所での寄港と全く変わらないレベルだ」とペレスは報道陣に語り、今回の停泊を「ごく通常の寄港」だとした。

 ペレスはカール・ビンソンが普段も水葬をとり行っていると話した。今回の派遣中にも数人の兵士が水葬されたという。「海軍兵士が海への水葬を望んだ場合、希望通りに実行される」とペレスは話している。

GlobalPost.com 特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

世界的システム障害、ソフト更新が原因 欠航など多分

ビジネス

マレーシア成長率速報、第2四半期+5.8% サービ

ビジネス

MUFG、三毛会長・亀澤社長ら21人処分 顧客情報

ワールド

ゼレンスキー氏、英閣議に出席 長距離攻撃の必要性訴
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 3
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 4
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 5
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中