最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

「短歌は好きのレベルを超えている」韓国人の歌人カン・ハンナは言った

2020年2月11日(火)18時05分
朴順梨(ライター)

歌集『まだまだです』に収められた〈韓国と日本どっちが好きですか聞きくるあなたが好きだと答える〉 MAKOTO ISHIDA FOR NEWSWEEK JAPAN

<韓国で天気キャスターなどをしていたが2011年に来日。日本語で短歌をたしなみ、歌集『まだまだです』を出版した。タレント、歌人、学者の顔も持つカン・ハンナに聞いた短歌、日本、日韓のこと。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集より>

テレビ画面の端に映る小さなワイプ画面の中で、カン・ハンナ(38歳)は涙をぬぐっていた。メイン画面では別の場所にいるスピードワゴンの2人と小島よしおが話していたが、彼らがおかしかったからではない。彼女の初めての歌集『まだまだです』(KADOKAWA)の発売を祝う言葉に心を打たれていたのだ。
20200211issue_cover200.jpg
歌人でタレントのハンナは現在、NHKのEテレで放送中の『NHK短歌』にレギュラー出演している。2019年12月1日の放送で、そんなシーンがあった。

日本語で短歌をたしなみ、歌集まで出版した彼女はソウル出身の韓国人だ。韓国で天気キャスターなどをしていたが、30歳を迎える頃、人生に悩んでいたという。

それまで南米など各地を旅行していたが、なぜか日本に来ると自分らしく過ごせる気がする。そこで日本で暮らしてみようと決意し、飛行機に飛び乗った。

折しもタイミングは2011年2月。短歌はおろか、日本語もほとんど話せなかった彼女は、来日してすぐ東日本大震災に直面した。

「何が起きているのかよく分からず、周りの友人はみんな帰国してしまったけれど、私は逆に日本にいたい気持ちになった。『帰ってこないと娘として認めない』と母に言われたけれど、悲しみに暮れている人がいる場所から去ることに納得できない思いがあった」

このまま帰ってしまったら、他者の悲しみを理解できない人間になってしまうのではないか。そう感じた彼女は、異国で独り暮らす孤独を選択した。

以来約3カ月間、寝る間も惜しんで日本語を独学し、芸能事務所に所属するかたわら大学院進学を目指した。そして2015年に横浜国立大学大学院に入学し、現在は博士課程で日韓関係を研究している。
magSR20200211korean-kanghannah-2.jpg
短歌と出合ったのは2014年だ。NHKのオーディションがきっかけだった。以前に新海誠監督のアニメ映画『言の葉の庭』を見て、そのテーマとなっていた万葉集については知っていた。「31文字の持つ力ってすごいな」と思ってはいたが、まさか自分が短歌を詠むとは想像もしなかった。

「でもマネージャーに『短歌って知ってる? オーディション受けてみない?』と言われたときに、なぜか『来た!』と思った」と笑って振り返る。

オーディションでは短歌を書く課題もあり、彼女は100首も詠んだという。「いま考えると、5・7・5・7・7に言葉を当てはめただけのもの。それでも合格できたのは、可能性を見てもらえたからかもしれない」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

モディ印首相、7月にもロシア訪問 両国が調整=RI

ワールド

朝鮮戦争勃発から74年、北朝鮮はなお軍事境界線の防

ビジネス

トヨタ、ANAなど政策株9銘柄売却 豊田会長の報酬

ビジネス

ソフトバンクG、孫会長の再任賛成票比率79.22%
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 3
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 4
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 5
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 6
    8人負傷のフィリピン兵、1人が「親指失う」けが...南…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 9
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中