最新記事

ニュースデータ

日本の大学は「レジャーランド」だからダメなのか?

知識や技術の習得では日本の大学への評価は低いが、モラトリアムという大切な機能を果たしている

2015年12月22日(火)17時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

「自由を満喫」という点では日本の大学の評価は他国に比べて断トツに高い Neustokimages-iStock.

 学生が本分の学業をそっちのけにして遊びやアルバイトに明け暮れる「レジャーランド」だと、日本の大学が批判されて久しい。大学教育が卒業後の仕事に生かされていないという、職業的レリバンス(意義)の低さも指摘されている。このような現状は卒業生の評価にも表れている。

 内閣府が2013年に実施した『わが国と諸外国の若者の意識に関する調査』では、欧米とアジアの主要6カ国を対象にして、自分が最後に出た学校の教育的意義を尋ねている。学校で習得した知識や友人関係など8つの項目について、どれほど意義があったかを問う形式だ。この調査から大卒者のサンプルを取り出し、「意義があった」という最も強い肯定の回答の割合を国ごとに整理すると、<表1>のようになる。6カ国の最高値は赤字、最低値は青字にした。

maita151222-chart01.jpg

 大学教育に対する卒業生の評価は、国によってかなり差が出ている。欧米では、知識や技術の習得、資格の取得といった機能的側面について意義を評する者が多い(おおむね4割以上)。ドイツでは卒業生の7割以上が、知識や技術の習得に関する大学教育の意義を高く評価している。

 これに対して日本は、これらの意義を評価する者の割合は6カ国の中で最も低い。数字が最も高いのは「自由を満喫」の40.3%で、これだけは他のどの国よりも高い。卒業生の主観評価だが、日本の大学の実態をよく表している。「レジャーランド」と形容されても仕方がないところはある。

 むろん、大学教育の位置付けは国によって異なる。ドイツでは実践的な職業教育を行う専門大学の比重が高い。日本もこうした方向への改革が志向されていて、職業教育を中心的に行う新大学(専門職大学)の創設が議論されている。

ニュース速報

ビジネス

MRJ受注で初のキャンセルの可能性、イースタン航空

ビジネス

インタビュー:来年早期に物流施設で省人化実験=ヤマ

ワールド

ユーロ圏経済は順調、改革急いでない=リトアニア大統

ビジネス

金融庁が金融機関の検査・監督で新方針、検査マニュア

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 10

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 6

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 7

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月