最新記事

自動車

スズキ、提携解消でVW保有の自社株買い戻しへ 

4年近く紛糾した提携問題を解消したものの、今後の生き残り戦略は見えず──

2015年8月31日(月)11時32分

8月30日、独フォルクスワーゲン(VW)との資本提携の解消を求めていたスズキは、国際商業会議所国際仲裁裁判所がスズキ側の要求を認める判断を下したと発表した。スズキはVW保有の19.9%分の自社株を市場価格で買い戻す。写真は、会見するスズキの鈴木修会長(右)(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - スズキ<7269.T>は30日、国際商業会議所の国際仲裁裁判所が、独フォルクスワーゲン(VW)との資本提携解消を求めていたスズキ側の要求を認める判断を下したと発表した。スズキはVWが保有する19.9%分の自社株すべてを市場価格で買い戻す。

スズキは昨年12月に時間外取引を通じた株式買い戻しの計画を発表済みで、買い戻しに備え、すでに必要な資金を準備している。同社は買い戻し額を公表していないが、28日の終値で試算すると、約4600億円となる見込み。

同裁判所はVWに対し、保有するスズキ株をスズキか、スズキが指定する第三者に売却するよう命じた。ただ、VWが主張したスズキの契約違反も一部認め、それによる損害の有無や損害額を継続して審議する方針という。

30日に会見したスズキの鈴木修会長は、仲裁裁定に「満足している。最大の目的を達成できた」と述べた。VWとの提携解消後に他社と手を組む可能性については「これから考える」とした上で、社内でハイブリッド車の開発が進んでいることなどを挙げ、「自立して生きていくことを前提に考えていきたい」と語った。VW問題の解決にあたるため続けていた会長職から退くかとの質問に対しては「まったく考えていない」と答えた。

一方、スズキ側の契約違反が一部認定されたことに対し、会見に同席した原山保人副会長は「まったく予想外で驚いている」と語り、VWがスズキに損害賠償を請求できる権利を持っているため、今後のVWの動きなどを注視していくとした。

VWも同日、同裁定について「事実が明確になったことを歓迎する」との声明を発表した。その中でVWは、裁定がVW側による協力合意義務の完全な履行を認定する一方、「スズキ側の合意違反を指摘した」と明記。次の措置については「今後数日間かけて、投資銀行および弁護士と協議する」としている。

同社が保有するスズキの株価は、取得当時と比べてほぼ2倍に上昇しており、売却益が出る見込みだ。

スズキは2009年にVWとの資本・業務提携を発表したが、環境技術の供与や経営の独立性などをめぐって対立が深まり、スズキが11年9月に提携解消を申し入れた。しかし、VWが求めに応じず、スズキは同年11月に第三者機関の国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てていた。

(白木真紀)

120x28 Reuters.gif

ニュース速報

ワールド

衆院選、自公が3分の2超える圧勝 立憲は3倍の躍進

ワールド

衆院選、自民・公明の与党で3分の2議席上回る=報道

ワールド

焦点:衆院選は批判票分散で自公圧勝、改憲手続き進む

ワールド

衆院選勝利で首相「謙虚に向き合う」、与党だけで改憲

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月