最新記事

テクノロジー

ハッカーは遠隔操作で車を暴走させられる

Hackers Remotely Take Over Car Travelling At 70 MPH

乗っ取り可能なことが明らかになって、自動車会社も対策に乗り出した

2015年7月23日(木)19時30分
コナー・ギャフィー

悪夢 突然コントロールを失ったら? Robert Galbraith--Reuters

 運転中に突然ラジオががなり、ワイパーが暴れてエアコンから冷風が吹き出し、ついにはエンスト......。

 ハッカーの手にかかれば、離れたところを走行中の自動車も簡単に乗っ取れることが実証実験で確認された。時速70マイル(時速約112キロ)で高速走行中のジープ・チェロキーを止めることもできたのだ。

 ジープを傘下に置くフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)はこの実験結果を受けて、新型のチェロキーとクライスラーに搭載されているインターフェイス、Uコネクトのセキュリティを強化、ユーザーにソフト更新を呼び掛けている。

 Uコネクトはダッシュボード中央のタッチパネルでカーナビやオーディオ、ハンズフリーフォンを操作できるシステム。そのセキュリティ上の弱点を突けば、アクセルやブレーキを遠隔操作できることが分かった。

 ワイアード誌によると、実験を行ったのはセキュリティ専門家のチャーリー・ミラーとクリス・バラセック。2人は昨年FCAに安全上のリスクについて警告し、FCAは今月16日に更新ソフトをリリースした。UコネクトはFCAが2013年末以降に製造した数十万台の車に搭載されているという。

 ミラーとバラセックは、15キロ以上も離れた地点から、チェロキーのファン、ラジオ、ワイパーを操作し、さらにはエンジンを止めた。車は交通量の多い高速道路上でいきなり失速した。

 こうした危険が明らかになったのは、今年2月にエドワード・マーキー上院議員(マサチューセッツ州選出・民主党)が、世界の自動車大手50社に対する調査に基づく報告書を出したのがきっかけだ。それによると、最近の車にはほぼ例外なく無線技術が導入されていてハッカーの標的になりかねないが、現在のセキュリティ対策は「驚くほど穴だらけで、不完全」だという。

 英シンクタンク・王立国際問題研究所のサイバーセキュリティの専門家、キャロライン・バイロンによると、車のハッキングはさまざまな犯罪に利用される可能性がある。「事故を起こして、ドライバーを殺害することも可能だ。データを盗むこともできる。車の電子機器に記録されたデータには重要な個人情報が含まれるため、被害も深刻になりかねない」

マルチメディア再生システムにも注意

 FCAは更新ソフトの配布に当たり、「車のシステムに対する許可なく不法なアクセスの潜在的なリスクを減らす」ためには、「スマートフォンやタブレット」と同様、ソフトを定期的に更新する必要があると説明した。必要ならFCAの技術者が無料で更新を行うという。

 電気自動車もサイバー攻撃に弱い。無線技術が採用されていなくても被害に遭う可能性はある。昨年、シンガポールで開催されたセキュリティ専門家の会議では、価格10万ドルのテスラSモデルも、6文字のパスワードを突き止めるだけでてロック解除ができるという報告があった。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏6カ国、来年EU財政基準に抵触する可能性=

ワールド

北朝鮮、米国のテロ支援国家指定に「重大な挑発」と反

ワールド

レバノン首相が帰国、大統領と会談 辞任はいったん保

ビジネス

認可外無償化、全国平均で 「人づくり革命」へ自民提

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣…

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 7

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 8

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 9

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 10

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月