最新記事

欧州債務問題

社会的弱者を犠牲にしてギリシャは救えない

Fiscal Austerity Versus European Society

ヨーロッパの政治と社会の安定のためには債務問題の処方箋を見直す必要がある

2015年2月26日(木)17時06分
ケマル・デルビシュ(国連開発計画前総裁)

 ユーロ圏はこの5年間、緊縮財政と構造改革を金科玉条にして債務問題を解決しようとしてきた。そのため南の「辺縁国」とアイルランドばかりか、EUの「中核国」であるフランスでも、世論の反発が高まっている。

 ユーロ圏の指導者たちが原理原則にしがみつけば、ヨーロッパでは社会的な亀裂が深まり、政治的な安定が脅かされるだろう。ギリシャの総選挙で反緊縮の急進左派連合(SYRIZA)が圧勝したのはその一歩にすぎない。緊縮策を見直し、現実的で有益な経済戦略の立案に取り組めば、この流れを変えられる。

 もちろん、破壊的なデフォルト(債務不履行)を回避し、投資家と消費者の信認を得るためには財政の持続性が不可欠だ。しかし、緊縮策が受け入れられるのは、福祉に頼らずとも生活でき、長期の失業に陥る心配がないときだけだろう。

 何百万人もの労働者、特に就職の当てがない若年層には、財政の持続性よりも切実な問題がある。失業手当が減額されれば、彼らはたちまち困窮する。財政削減が教育に及べば、彼らの子供たちは将来を築くためのスキルを習得できない。

 緊縮策による国民の困窮はギリシャでは特に深刻だ。年金の大幅カットで高齢者は尊厳ある老後を送れない。資産を外国に移した富裕層が課税を逃れる一方で、一般市民は過大な税負担にあえぎ、医療は崩壊寸前のありさま。自殺率はうなぎ上りだ。

 債権国はこうした現実に目を向けようとしないが、危機的状況にあるのは否めない。IMF欧州局長を務めたレザ・モガダンが先日、成長のための構造改革の確実な実施を条件に、ギリシャの債務の半分を免除すべきだと提案したのもそのためだ。

新しい支援計画が必要

 経済を立て直すには財政の持続性より、まず社会の持続性が前提条件になる。教育に人材や予算を投入できず、IT時代に必要なスキルを子供たちに与えられなければ、経済の繁栄は望めない。不平等と貧困が広がり、人々の不満が鬱積すれば極右や極左が支持を伸ばす。そうなれば構造改革の実施は望み薄だ。

 人々が生活苦にあえげば、移民と少数派に不満が集中する。経済学者のジョセフ・スティグリッツが指摘するように、ドイツでナチスが台頭したのは失業率が30%に上る状況だったからだ。絶望的な状況に追い込まれた若者が暴力的な衝動に駆られ、テロ組織のプロパガンダに感化される懸念もある。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:消費増税の使途変更なら25年問題に拍

ワールド

脅迫的な言動、朝鮮半島巡る問題解決にはつながらず=

ビジネス

スイスフラン、対ユーロで2年ぶり安値 北朝鮮情勢が

ビジネス

ドイツは燃焼エンジン車を禁止すべきでない=ガブリエ

MAGAZINE

特集:トランプvs金正恩 「反撃」のシナリオ

2017-9・19号(9/12発売)

ますます高まる「核保有国」としての北朝鮮の脅威── トランプは武力行使という最終手段に踏み切るのか

※次号9/26号は9/20(水)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 2

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だらけ

  • 3

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 4

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 8

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 9

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 10

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月